野菜嫌いでビタミン不足?子ども・受験生にもおススメの簡単スープをご紹介。

野菜スープ ストレスに負けない!丈夫な体づくりの方法
スポンサーリンク

野菜が嫌いでなかなか食べない・・・。
親としては心配ですよね。
栄養バランスも気になるところです。

手をかえ品をかえ、さまざまな方法で工夫をしても、ダメな時もあります。
どれだけ手間をかけていても・・・です。
こんな時はとてもがっかりしてしまいますよね。

そこで、作り方はとても簡単。
でも、野菜のビタミンはたくさん摂れる簡単スープをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

簡単スープ。その名も、『ABCスープ』

ん?ABCスープ?あの給食にでてきた?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
給食で出された、ABCなどのアルファベット型のマカロニの入っているスープ。
では、ないんです。

これは、マレーシア人のママから教えてもらった家庭料理です。

 

なぜABCスープなの?

ABCスープのABCは、ビタミンA,B,Cが含まれている、ということを表しています。
野菜を煮て、野菜から出てきた栄養がたっぷりのスープなのです。

 

子どもにとってビタミンが大切なワケ

栄養素は、体の成長や、免疫力を高め、病気から体を守る働きをしています。
ビタミンも同様で、骨や筋肉の成長だけでなく、脳の発達、集中力を高める、など、
さまざまなことに影響しています。

子どもの体は、成長の途中の段階ですから、栄養不足は、発達に大きな影響を及ぼすため、
バランスのよい栄養を摂取することが重要です。

 

ABCスープのレシピを公開

ABCスープの材料

ABCスープの主な材料は、以下の通りです。

トマト 2~3個

じゃがいも 2~3個

人参 1~2本

玉ねぎ 2~3個

トウモロコシ 1本

豚スペアリブ または 鶏肉

ショウガ(スライスする)

こしょう

 

ABCスープの作り方

  1. 鍋に湯を沸かし、沸騰したら、豚肉を入れ、余分な脂を落とす。
  2. 野菜を大きめにカット。ショウガもスライスしておく。
  3. お鍋にお肉、カットしたじゃがいも、人参、トウモロコシ、ショウガを入れ、煮る。
  4. 20分ほど経ったら、トマトと玉ねぎも加え、更に煮る。
  5. お湯を加えながら、1時間半ほど煮る。
  6. 最後に、塩・こしょうで味を整え、完成。

 

参考までに。(英語)

こちらのレシピでは、ショウガは使わず、お肉も鶏肉ですね。

 

アレンジは自由自在

野菜を切って、鍋に入れて煮るだけの簡単スープ。
アレンジもしやすいです。

野菜も、家にあるものを入れてもOK。
キャベツや大根などもオススメです。
でも、トマトと人参、玉ねぎはマスト食材。

シンプルに野菜のうまみを感じてほしいスープですが、
味がどうも足りない場合は、かつおだしやコンソメ、鶏ガラスープの素を加えてみても。

給食のABCスープとは違いますが、ここにマカロニを入れてしまえば、時間のない朝の朝食にもいいかも!

 

 

最後に

切って煮るだけの簡単スープですが、
ちょっと疲れている時や風邪気味の時などに、これを食べると、
それ以上、ひどくならず、医者知らずで過ごせているわが家。

やはり、スープに含まれている栄養のおかげかな、と思います。

実は、トマトが苦手なわが子ですが、これはスープで飲むことができます。

野菜自体が苦手なお子さんは、まずは具なしでスープだけでもいいかも。

日本では、中学受験・高校受験・大学受験の時期は、インフルエンザなども心配です。そんな受験生にもオススメしたいスープです。

健康な体を目指しての第一歩!

 

グローバルな未来へつながる道づくりのお手伝いができると嬉しいです♪

Reonaでした。それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました