音声通話ができる一時帰国者向け格安SIMと通話便利アプリ2つ

音声通話ができる一時帰国者にもおすすめの格安SIMカードお得に一時帰国
スポンサーリンク

一時帰国で音声通話を使いたい。でも、できるだけコストをかけたくない。

 

空港到着後すぐに電話をかけたい。格安SIMや便利なツールがあれば知りたい。

一時帰国中の国内で通話もできる格安SIMカード選びにお悩みのあなたへ。

 

この記事を読むことで、

  • 日本滞在時に音声通話も可能で便利な格安SIMカード
  • 空港到着後の音声通話ができる便利ツール

について、知ることができます。

 

種類も豊富な格安SIMカードの中から、お得に通話もできるSIMをご紹介。

滞在中に携帯関連にかかる費用をなるべく節約したいあなたにぜひ読んでいただきたい記事です。

 

スポンサーリンク

音声通話ができる一時帰国者にもおすすめの格安SIMカード

音声通話ができる一時帰国者にもおすすめの格安SIMカード

一時帰国者が日本で利用するための音声通話つきの格安SIMは、mineo(マイネオ)がおすすめです。

初期費用を抑える方法があり、契約期間の縛りも解約手数料もないからです。またwebで解約が完結するからです。

 

例えば、価格.comで、音声通話付き格安SIMで人気第1~3位とマイネオを比べてみます。(2019年12月時点【音声通話・電話対応の格安SIMカード(MVNO)比較】より)

※モバイルでは、横にスライドしてみてね。

mineo楽天モバイルUQモバイルBIGLOBEモバイル
プランデュアルタイプ3GB3.1GBプラン(ドコモ回線)スマホプラン3GB3GBタイプD(ドコモ回線)
月額使用料タイプD 1600円

タイプA 1510円

タイプS 1950円

1600円(税抜)1980円(税抜)1600円(税抜)
解約の縛りなし(MNP除く)なしなし12か月の縛り1000円(税抜)
初期事務手数料3300円(税込)+SIMカード発行手数料440円

ただし、エントリーパッケージ使用で割引あり

3394円(税抜・ドコモ回線)3000円(税抜)

SIMパッケージ代

3394円(税抜)

プラン申込手数料+SIMカード準備料

解約時の請求日割月単位 日割なし日割月単位請求 日割なし
解約手段webweb電話電話
SIMの返却Dプラン必要

A・Sプラン不要

必要不要

Dタイプは必要

解約後20日以内

 

月額料金

音声通話ができる一時帰国者にもおすすめの格安SIMカード

月額料金に大きな差はなく、1600円~2000円未満(税抜)で音声付SIMが利用できます。これらは通話ごとに課金されていく方法。

通話が多くなりそうな方の場合はオプションサービスを追加する検討も必要です。

 

利用期間の制限

BIGLOBEを除けば、いつでも解約できるようになっています。

2019年10月以降、総務省の要請により、大手キャリア・格安SIMともに解約時の手数料の上限が1000円に。そのために以前ほど最低利用期間等を気にする必要はなくなりました。

一時帰国者のような短期利用者にとってはありがたい変更ですね。

 

初期事務手数料

音声通話ができる一時帰国者にもおすすめの格安SIMカード

事務手数料に関しては、mineoエントリーパッケージをのぞき、その他の格安SIMではその時のキャンペーン次第でお得になる場合もあります。

ただし、キャンペーン適用条件に最低使用期間の設定がある場合もあり、注意が必要です。

 

その点、mineoエントリーパッケージには、契約期間等の縛りはありません。パッケージの購入のひと手間で契約事務手数料3000円分を無料にすることが可能です。

 

解約時の利用料金の請求方法

解約時の請求が楽天モバイルとBIGLOBEモバイルは月単位での請求となっています。

締め日までは利用できますが、月途中で海外へ行ってしまうという場合には、その日数分、損をしてしまうことになります。

その点、mineo(マイネオ)であれば、日割り計算での請求なので、ムダがありません。

 

解約手続きの方法

UQモバイル・BIGLOBEモバイルでは、電話のみでの解約手続きとなります。通話が繋がりにくいといった場合は、時間がかかってしまいます。

出国準備で忙しい一時帰国者にとっては、残念なポイントです。

 

SIMの返却の有無

音声通話ができる一時帰国者にもおすすめの格安SIMカード

UQモバイル、mineo(マイネオ)のauプラン・ソフトバンクプランは解約後のSIMは返送不要です。

それ以外は返送が必要となっています。

ただし、mineo(マイネオ)の場合、ドコモタイプのSIMであっても、返却期日の縛りがないので、出来るだけ早く返却するようにすれば問題なさそうです。

 

 

ですから、

 

一時帰国時に日本の携帯電話番号(090/080/070で始まる番号)で音声通話を使いたい!

そんなあなたには、お得に音声通話を利用することができる、格安SIMのmineo(マイネオ)がおすすめなのです。

\mineoについてもっと知りたい!/

mineo公式サイトへ

 

 

ですが、mineo(マイネオ)にも、残念ポイントがあります。空港で購入できるSIMではないので、到着時からは利用できないということです。

到着してすぐに、空港から家族や友人・宿泊先などに連絡を取りたいというケースでは、ちょっと困りますよね。

 

そこで、格安SIMではないけれど、空港到着時に電話をかけるためのツ―ルについてご紹介。

 

空港到着時に音声通話が可能な便利アプリ2つを使いこなそう

空港到着時に音声通話が可能な便利アプリ

海外からの一時帰国で、空港で音声通話をするときに利用したいアプリは

です。

 

LINE OutもSmartalkもIP電話と呼ばれ、インターネット回線を利用して通話することができます。

空港内のfree-wifiを利用すれば、携帯へも固定電話へも通話が可能です。

 

LINE Out(ラインアウト)で通話料金を節約

空港到着時に音声通話が可能な便利アプリ

画像は、LINE Out公式サイトよりお借りしました。

日本ではおなじみのLINE(ライン)。LINE利用者同士で音声通話を楽しんでいる方もいるでしょう。

ですが、親世代などLINEを使っていないまたは使いこなせない、という方に電話をかけるには、LINEは使いにくいですよね。

そんな状況でも使えるのが、LINE Out(ラインアウト)です。

 

LINE Out(ラインアウト)を利用するメリット

空港到着時に音声通話が可能な便利アプリ2つを使いこなそう

  • Wifi環境があれば、国内でも海外でも、LINEユーザーでもそうでなくても、固定電話や携帯電話へも通話が可能(LINE Out対応国に限る)
  • 通話料金も安い
  • 広告を見ることで通話料が無料になるLINE Out Freeというサービスもある

 

通話料金の安さ

LINE Out(ラインアウト)の通話料金を一覧抜粋してみました。

※モバイルでは、横にスライドしてみてね。

(プリペイド方式『コールクレジット 』での場合  2019年12月現在)

国番号コールクレジット
固定電話携帯電話
日本+81¥3/分¥14/分
マレーシア+60¥5/分
アメリカ合衆国+1¥1/分
イギリス+44¥2/分¥3/分
オーストラリア+61¥2/分¥6/分
タイ+66¥6/分
台湾+886¥2/分¥12/分
フィリピン+63¥11/分¥14/分

※引用元:LINE Out通話料金

 

上記のように、1分でもとても安い値段で通話が可能です。

上でご紹介しているマイネオでは20円/30秒、マイネオ電話と言われるIP電話で10円/30秒も十分安いのですが、LINE Out(ラインアウト)は通話料金をさらに安く抑えることができます

 

LINE Out Freeで広告を見れば無料通話も可能

『LINE Out Free』は、電話を利用する前に、LINEの動画広告を最後まで視聴すると、一定時間の通話料が無料になる機能です。

日本国内への通話であれば、固定電話3 分間/回 携帯電話1 分間/回の通話が無料でできるのです。

この時間を過ぎると通話は強制終了されてしまいますが、ちょっとした用事の伝言だけなら、使う方がお得ですよね。

 

LINE Out(ラインアウト)のデメリット

  • 発信専用
  • 警察・救急などの緊急機関への発信ができない
  • 0120や0570で始まるような、一部の有料通話などのサービスへは発信ができない

 

LINE Out(ラインアウト)は発信専用ではありますが、一時帰国者が空港到着時に連絡を取る分には、十分に役割を果たしてくれる機能です。

LINE

LINE
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

着信もできるIP電話 SMARTalk(スマートーク)を使う

空港到着時に音声通話が可能な便利アプリ

画像はSMARTalk公式サイトよりお借りしました。

SIMを入手するまでに、受信もしたい。そのような場合におすすめなのは、SMARTalk(スマートーク)アプリです。

SMARTalk(スマートーク)は、楽天モバイルが提供しているIP電話アプリ。

初期登録を行うと、050で始まる携帯番号が取得できます。

 

SMARTalkのメリット

  • 初期費用・月額基本料とも0円
  • 受発信とも可能で料金も安い(日本国内8円/30秒(税別)国際電話8円/30秒(不課税))
  • 転送も可能

 

SMARTalkのデメリット

  • 緊急機関や特別な有料サービスには発信できない
  • 2週間使ってないと、プッシュサーバーへの登録がタイムアウトし着信できなくなる
  • 1年口座からの引き落としがないと、解除されてしまう

 

デメリットについては、別の機会にまた記したいと思いますが、対策として、

  • 1週間に一度はアプリを立ち上げる
  • 発信としても何度かは使う

ということで、回避することが可能です。

 

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
開発元:Rakuten Communications Corp.
無料
posted withアプリーチ

 

音声通話ができる一時帰国者向け格安SIM まとめ

一時帰国時に、節約しつつも、日本国内で音声通話をするためには、格安SIMの中でも、

  • 初期費用を節約できる
  • 解約の縛りがない
  • 手続きがwebで出来る

という特徴のあるものを利用しましょう。

そのうえで、他のお得なサービスを併用することで、日本到着時から通話も利用することが可能です。

 

日本の携帯番号(090/080/070の携帯番号)を利用したい、また、アプリの使い分けが面倒というあなたには

mineo デュアルタイプ 3GBで、

SIMが届くまでの間は、

  • LINE Out
  • SMARTalk  を通話用に利用する

という方法がおすすめ

 

日本の携帯番号は特に必要ないというあなたには、

の3つを組み合わせて通話を利用するという方法がおすすめです。

 

LINE Outはプリペイド式なので、まずは少額チャージ。

SMARTalkは初期費用も月額もかからず、利用料に応じての課金。

ですから、不要な出費を抑えることができます。

 

電話代を節約した分で、より快適で楽しい一時帰国の時間をぜひ満喫してみてはいかがでしょうか。

 

\mineoのプランをもっと知りたいあなたへ/

mineo公式サイトへ

 

mineoを使ってみる!エントリーパッケージを入手!/

タイトルとURLをコピーしました