チャンギ空港新ターミナルT4ってどんなとこ?

T2-T4間無料シャトルバスチャンギ国際空港(シンガポール)
スポンサーリンク

2017年10月、シンガポール・チャンギ空港に、新しいターミナル T4(第4ターミナル)が開業。

先日、チャンギ空港を利用する機会があったので、ちょっと覗いてきました。

アミューズメントパークのように、空港内だけでも十分楽しめる、チャンギ国際空港ですが、T4は他のターミナルともちょっと様子が違いました。

今回は、チャンギ国際空港 ターミナル4のご紹介レポです。

チャンギ国際空港T4-2

 

スポンサーリンク

T4を見たい!パブリックエリアからのアクセス方法は?

東南アジアのハブ空港としても、数多くの旅行客が利用する、チャンギ空港。

すでにT1~T3の3つのターミナルがあります。

日系航空会社では、

  • JAL(日本航空)➡ ターミナル1
  • ANA(全日空) ➡ ターミナル2

を利用しています。

 

この3つのターミナルは、スカイトレインで結ばれていると同時に、
建物もつながっているため、徒歩でも移動することが可能

時間がたっぷりあるときは、ふらりと散歩するだけでも楽しいですよ♪

 

でも、今回ご紹介するターミナル4は、T1~3の建物とは、つながっていません。

では、どうやってアクセスするのか?

 

T2(ターミナル2)がポイント!無料シャトルバスあり!!

T4へのアクセスは、第2ターミナルがカギになります。

T2とT4を結ぶ、無料シャトルバスの発着場所があるんです。

T2-T4間無料シャトルバス

【T2 → T4への移動】

①T1かT3にいたら、スカイトレインまたは徒歩でT2へ移動

T2 Arrival Hall (到着フロアLevel 1)のDoor1 を目指す。
「Bus to T4」のサインに従ってGo!

T4 へのシャトルバス ピックアップポイント

③無料シャトルバスに乗る

④T4  Departure Hall (出発フロアLevel 2) に到着

 

無料シャトルバスを降りると、こんなサインボードが目に入ってきました。

T4 サインボード

ふむふむ。

どうやらT2に戻るときは、乗車場所が違う、ということのようです。

 

【T4 → T2への移動】

T4のArrival Hall (Level 1) のDoor1付近のピックアップポイントへ。
「Bus to T2」を目印にしましょう。

②シャトルバス乗車

③T2 Arrival Hall(Level 1)に到着。

 

T4は降車場所と乗車場所は階が異なっていますが、

T2は乗車・降車とも同じ場所です。

ご注意くださいね。

 

また、T4 のピックアップポイントのそばには、トイレや飲料水が飲めるポイントもあります。

新しいし、空いているので、こちらの利用もおススメです。

 

【参考】

チャンギ国際空港ホームページ(http://www.changiairport.com/)より、MAP画像をお借りしました。

changi airport map

 

 

T2-T4 無料シャトルバスの運行時間

T2 ― T4間のシャトルバスは、約5~7分程度で到着

シャトルバスは24時間運行、10分間隔で次のバスがやってきますが、

チャンギ空港のホームページによると、
深夜12時~朝5時30分までは、20分間隔運行になっているとのこと。

でも私が利用したときは、深夜1時までは10分間隔で運行されていました。

ホリデー期間だったからかも⁈

 

シャトルバスのシートは本当に座り心地が良くって、

ここで寝たいくらい、快適でした。

無料シャトルバス内部

10分弱の乗車だったのが、残念なくらいでした(笑)。

 

T4は、あちこちが自動化されてて、近未来のようだ!!

さてさて、ようやく到着した、T4。

時間帯のせいか、はたまた、まだ利用航空会社が少ないせいか、

人も多くなく、ゆったりとした空間に感じました。

天井もなんだか高く感じます。

チャンギ国際空港 ターミナル4

 

パブリックエリアにあるソファですら、ほかのターミナルとは違って、長い待ち時間でも過ごしやすいかも?と思える、座面が硬くなさそうなものが、あちらにもこちらにも(笑)

ターミナル4 パブリックエリア1

そんな景色をみながら、ぶらぶら歩いていると、

突然目に飛び込んできた、この風景。

チャンギ国際空港 T4 イミグレ

チャンギ国際空港 T4 イミグレ入口

 

Automated Immigration???

イミグレーションが自動化ってどういうこと?

と、よくよく見てみると、何10台もの自動出国ゲートが設置されているところに、空港社員らしき人がほんの数人いるだけ。

日本の地下鉄の改札の入り口のような感じです。

 

そして、そのゲートの奥には、手荷物検査の機械も、何台も置かれています。

こちらもまた、自動化されているようです。

 

搭乗者自身の検査も、機械の中に入って、手を上にあげ、自動でスキャンされるタイプのもの。

最新式のイミグレーションをちらりとのぞくことができ、ちょっと興奮してしまいました。

 

飲食店の注文も機械化?!

さらに、施設内探索を続け、飲食店の集まったエリアへ。

チャンギ国際空港T4 飲食店街

 

時間帯が遅かったために、閉まっている店舗も多くて、残念。

フードコートも、お客さんがまばらです。

チャンギ国際空港T4 フードコート

メニューをさらっとみていくと、さまざまな国の料理が並んでいます。

ん~、試してみたかった。

 

歩き続けて、マクドナルドを発見。

すると、入り口に、どんと、2台の機械。

チャンギ国際空港T4 マクドナルド1

自動注文支払機では、ありませんか。

 

EAT IN か TAKE OUTを選んで、注文開始。

チャンギ国際空港T4 マクドナルド2

支払いは、VISAカード、マスターカードのクレジットカードなどで、キャッシュレス。

(残念ながら、JCBカードとかは使えなさそうです(-_-;))

 

商品の出来上がりもモニターに番号が表示されて、とても分かりやすい。

驚きの連続でした。

 

T4を利用する航空会社

まだまだ利用者も少ないT4ですが、乗り入れている航空会社は

  • Cathay Pacific
  • Korean Air
  • Cebu Pacific
  • Spring Airlines
  • Air Asia
  • Vietnam Airlines

の6社となっています。

 

ちなみに、ほかのターミナルの利用航空会社は、こんな感じです。

チャンギ国際空港 ターミナル別航空会社

 

さいごに

今回、初めて探索した、チャンギ国際空港ターミナル4でしたが、新しいだけあって、

見るだけでも、いろいろと刺激されました。

航空会社利用のチャンスがなくても、パブリックエリアやフードコートに来るだけでも、いろいろな発見があって、面白いかも。

チャンギ空港でたっぷり過ごす時間があれば、各ターミナルの探索、オススメですよ。

タイトルとURLをコピーしました