気にならない?インタースクールのEnglishの単元テストの中身

100点のテスト インターナショナルスクール
スポンサーリンク

子どもたちの通うインターナショナルスクールでは、日本と同じように、1つの単元が終わるとtopical testと呼ばれる単元確認テストがあります。

部屋の片づけをしていたら、子どものYear5のときのEnglishの単元テストを発見。
中身をみてみました。

 

スポンサーリンク

単元テストの中身

今回見つかったEnglishの単元テストは、A4用紙4枚分。
40分の試験時間で実施したものです。

 

Section-A:読解問題(Reading Comprehension)

この回の読解問題は、ボブ・マーリィーの人生について。

6つの段落(paragraph)に分かれた文章で、350~400wordsほどの分量です。

読解問題

質問事項は、7問。

  • Where was Bob Marley born?
  • Who was Bob Marley’s mom , and where was she from?
  • Who was Bob Marley’s father , and where was he from?
  • Where did Bob Marley work in 1963?
  • When he returned to Jamaica , what became a major part of his life?
  • What was the big breakthrough for the Wailers?
  • What happened to the four main members of the Wailers?

これらの質問に対して、full sentencesで答えます。

 

Section-B:文法&語い(Grammar and Vocabulary)

この回の文法項目は、代名詞と動詞の時制についてでした。

空白を埋めましょう。という問題ですね。

テスト問題the pronoun chart

テスト問題verb tenses chart

 

テストを見直してみた感想

Year5は、生徒の多くが10歳です。
この年齢で、これくらいの文章を読み、問題を解いていきます。

文法の問題などは、日本だと中学生1年生の頃に、習いますね。

ただ、この内容をこの単元で初めて習ったのか、と聞かれると、答えはNOです。

低学年のうちから習っています。
毎年、少しずつ難しいことを加えながら、学習しているようです。
スパイラルのように学習することで、定着率を高めるのだと思います。

 

日本の英語のテストと大きく異なる点

とっても当たり前ですが、

  • 発音の問題がない
  • 質問の解答は選択式ではなく、文章で解答する

ということです。

 

発音を紙でテストする日本

日本は、センター試験の問題をみてもわかりますが、発音の問題が大好き。

発音記号なんて、こっちでは習うことが、まずありません。

わが子たちは、進研ゼミや電子辞書で、かろうじてみたことはありますが、
発音記号を理解しての発音というよりは、耳で聞いた音をたよりに発音しています。

 

文章での解答

子どもが留学したてのころの話です。

テストでは、質問の解答となるべき文章のところはわかるけれど、どうやって作文すればいいのかわからず、よく問題文をコピーして、解答していました。

そのたびに、先生からは、「Copy‼」と注意書きがあり、もちろん減点。

自分で文章を作ることを求められることが、ほとんどです。

 

最後に

全部英語の問題を解いている子どもたち。
不満などは口にしていませんでしたが、おそらく、
内心は全てが英語ばかりであることに、不安な気持ちで押しつぶされそうだったに、違いありません。

テストを改めて見ることで、留学してインターナショナルスクールに通うことは、強い意志が重要だと、感じました。

 

英語の授業やテストをうけるということ
皆さんの疑似体験のひとつに貢献できるといいな、と思います。

タイトルとURLをコピーしました