マレーシア自宅インターネット契約 新規or更新?【2019年1月】

インターネット契約 新規・更新 マレーシアTMunifi マレーシア生活
スポンサーリンク

2018年年末に起きた自宅インターネットトラブルは、わが家の固定インターネットを見直す、まさかの機会になりました。

というのも、マレーシア親子留学・移住を始めて4年、見直すことがなかったんです。

そこで、わが家のインターネット事情と、最新のインターネットプランについて、ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

マレーシア移住当時の固定インターネット事情(2014年)

2014年2015年の出来事

わが家がマレーシアでの留学生活を始めたのは、2014年冬。

一番最初に賃貸を契約したコンドミニアムに導入されていたのが、TM Unifi。

というわけで、そのまま何の疑いもなしに、TM Unifiを契約しました。

 

2014年当時のTM Unifiの個人向けプランとは?

マレーシアインターネット TMunifi

2014年の移住時に紹介されていたのは、有料チャンネルのテレビ、電話、機器類の無料設置などがついている、以下のようなプランでした。

VIP5   : 5Mbps   ➡ RM149/month
VIP10 : 10Mbps ➡ RM199/month
VIP20 : 20Mbps ➡ RM249/month

 

2014年-2015年頃の為替が、1RM =35円前後

一番安いプランのVIP5を契約しましたが、日本円にすると約5,200円・・・。日本と変わらないような値段でした。

 

2015年4月からは、マレーシアの消費税GST6%が上乗せされたので、157.95RM/monthになってました。

 

気づいたら➡インターネット速度が変わっていたという怪(笑)

プラン変更

そんな値段と速度のTM Unifi。
普通に自宅で動画や音楽を聴くのに、困った思いもしなかったので、ずーっと使い続けていました。

すると、2016年のある時、スペシャルオファーとして、5Mbpsだったはずが、10Mbpsに変わっていたんです!

一応、いつまで続くかわからないプロモーション、とは言われていたのですが、結局は2017年も2018年も、値段変わらずの10Mbpsのサービスを受けることができました

 

なぜこんなプロモーションがされるのか?

スペシャルオファー

このような値段が変わらずサービスのアップグレードなどのプロモーションが実施されるのには、理由があります。

新規顧客をターゲットにしたプランとの差異をできるだけ、小さくするため。

のようです。

長期で利用している既存顧客があまり損をしないように、
同等のサービスを受けれるように調整をしている、
というのが、このようなプロモーションのからくりのようです。

 

2018年秋~冬の大プロモーション Turbo Upgrade 2018

2018年10月~12月には、Turbo Upgrade 2018というスペシャルオファーがありました。

内容は、現在の契約より10倍のスピード速度に無料でアップグレードしてくれるというもの。

つまり

10Mbpsだったわが家は・・・➡ 100Mbpsになるということなんです。

 

※ただし、全契約者対象ではありませんでした。

一部の建物(特に階層の高い建物)などでは、対象でなかったところもあったようです。

 

4年間で、お値段そのままで、スピードが20倍に(笑)

しかも、2018年年度末の為替が1RM=約27円だったので、157.95RM≒4,260円になってしまいました。

で、お得だ~とアップグレードを申請したところで、

インターネット不通という事件に見舞われてしまうのでした。

インターネットが繋がらない‼ TM Unifiでのトラブル対応@マレーシア
マレーシアでの親子留学生活において、インターネット環境はとても重要です。 家族との連絡を始め、娯楽のひとつとして、音楽や動画などを楽しんだり・・・。 そんな大切な要素を...

 

TM Unifi インターネット契約見直し

インターネットトラブルの連絡をTM Unifiにした際に受け取った、

機器類の故障の場合のオプションについての案内。

インターネットトラブル 機器編@マレーシア TM Unifi
2018年年末のわが家を突然おそった、インターネット接続トラブル。 問い合わせた当初、TMのLive Chatでは、別の原因を示唆されていたんです。 その考えられた原因...

 

そこから、機器類の故障前提で、契約の見直しをすることにしました。

 

2018年年末時点でのわが家の契約プラン

2014年からの契約なので、すでに新規契約の2年縛りは終了

Turbo Upgrade2018 10Mbps ➡ 100Mbps : 99RM
Hypp TV : 30RM
Call : 20RM
【合計】149RM✛税6%=157.95RM

 

わが家のインターネット見直しポイント

  • テレビ ➡ 使っていない
  • 電話   ➡ 使っていない。
  • 一応電話番号は欲しい(新しい番号でも特に問題なし)
  • ほぼ通話しないので、使用量に応じた課金でも十分
  • スピード ➡ ちょっと前まで10Mbpsでそこそこ満足だった。100Mbpsもいらないかも?

 

これらの点について、再検討が可能と考えました。

 

【2018年年末~2019年1月】TM Unifi新規・個人向けインターネットプラン

ここで、現在、新規顧客を対象にした、TM Unifiのインターネットプランについて、ご紹介したいと思います。

 

①一番人気商品 unifi Lite Plan(100Mbps)

インターネット速度
ダウンロード 100Mbps
アップロード   50Mbps
使用量制限なし
600分通話(携帯および国内固定電話。600分超えた場合は10sen/min
unifiTV pack
unifi play TV accessデバイス2つまで。32のスペシャルチャンネルの視聴可)
高性能ルーター付

 

最短24か月の契約

129RM/month + 税6% = 136.75RM

 

②unifi Basic Plan(30Mbps)

インターネット速度
ダウンロード 30Mbps
アップロード   10Mbps
使用量制限あり 60GBまで
使用に応じた通話料金の課金(携帯および国内固定電話。20sen/min
unifi play TV accessデバイス数制限なし17のスペシャルチャンネルの視聴可)
高性能ルーター付

 

最短24か月の契約

79RM/month + 税6% =83.75RM  +  電話使用料金

 

そこで、わが家に浮上した選択肢は、以下のふたつ。

意志選択

①契約を更新&30Mbpsへダウングレード

②いったん解約➡新規契約で30Mbps

 

①契約更新&ダウングレード

わが家の場合、2年の契約縛りが終了しているため、ダウングレードもペナルティーなし

電話番号は以前のままで継続

ただし、現契約プランのダウングレードのため、

unifiTV 30RM および電話代金20RMをキャンセルできない。

また、ここより、契約年数の縛りが新たに発生

機器は無料で提供される。

 

➡ 30Mbps 79RM + TV 30RM ✛ call 20RM + tax 6% = 136.75RM/month

 

②新規契約

24か月の縛りがすでにないので、解約に伴うペナルティーはなし

解約手続きはオンラインでも可能。

新規契約もオンラインでも店舗でも可能。

電話番号は新しいものになる。

24か月の契約縛りが新たにスタート

機器はもちろん無料。

 

新規顧客向けのプランunifi Basic Plan のため、

unifiTV なし callは使用量に応じて課金のため

 

➡ 30Mbps 79RM + call 使用量(minite)×20sen/min + tax6% = 83.75RM + call

 

 

これらを比べてみて、②新規契約がいいかなぁ・・・と気持ちが傾き始めました。

 

新規契約で考えられる問題点

ただし、②の新規契約の場合、考えられる問題がひとつありました。

それは、解約→新規開通が一日では不可能な確率が高いこと。

解約の手続きが、TM側で終了してからでないと、新規のための作業が進みません。

何日間か、自宅でインターネットが使えないということ。

そして、その何日かかるかも・・・怪しいのがマレーシア(;’∀’)

 

すでにインターネットが何日も使えていない子どもたちの顔も、曇っています。

ん~、微妙・・・。

 

ダウングレードでの問題点

そして、もうひとつの問題点が、使用量制限。

新しい30Mbpsのプラン。実は2018年12月31日までは、使用量無制限。

でも、2019年1月1日から、60GBまでという使用量制限がかかることが決まっています。

 

そこで、普段自分たちがどれだけ使っているかわかるものがないかしら?とTMに尋ねてみました。

その回答は、

現在のところ、毎月の使用量を確認できるようなサービスは提供していません。
2019年中には、そのようなサービスをポータルサイトなどで提供する予定です。

とのこと。

結局のところ、本当に60GBでいいのか、悩むところです。

 

アップグレードはペナルティーなし

そこで、いったん①か②の30Mbpsにダウングレードしてから様子をみるのもありかな、という考えが浮上。

アップグレードは、ペナルティーなし

 

ただし、①の更新の場合、Turbo Upgrade 2018のスペシャルオファーに戻せないようで、

通常の100Mbpsのプランが適用になるようです。(金額未確認)

 

②の新規契約の場合もまた、アップグレードはオンラインならペナルティーなしなので、

100Mbpsにすれば、129RM✛税になります。

 

わが家のプランの見直しの結果は?

このように、いろいろと考えた結果、機器に問題がある場合、

おそらくこのままあと2年はいそうだし、インターネットが使えない期間がありそうだけど、新規でBasic Planを契約して、様子を見てから、Lite Plan へのアップグレードを考えようと思っていました。

 

ところが、ふたをあければ、機器の問題ではなく、

あらま~

となってしまいました。

このままの契約を継続することにしました。

 

とんだオチで、申し訳ない(;’∀’)

 

 

でも、実は、まだこの後にも続きが・・・。

その話は、また次回に。

タイトルとURLをコピーしました