外国人に日本の伝統行事を伝える。2月の行事【節分の日】の巻

節分 海外在住で見えた!日本の教育
スポンサーリンク

日本には、古くから伝わる伝統行事がいくつかあります。皆さんはいったい、いくつの行事を説明することができますか?

海外にいると、日常のことから行事まで、「日本はこんな時どうするの?」と、質問をされます。

そんな時、私は自分のうろ覚えの理解と貧しい英語のボキャブラリーで何とか説明。
でも、ちゃんと正確に伝えられない自分が、とても恥ずかしく感じます。

日本のことを質問をされたときに、スマートに返事できるよう、私たちの国のことについて、自分の理解度を再確認してみませんか?

今回は、2月の行事「節分の日」についてです。

スポンサーリンク

節分の由来。節分の日は年4回ある?

節分の日は、「2月3日」。
節分の日とは、季節を分ける節目の日のことです。

本来は、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日、つまり、年4回ありました。
その4回の中でも、立春が一年の始まりとして大切にされたため、現在のように、立春の前日にあたる2月3日に、多くの行事が行われています。

もともと中国で、大みそかに、鬼を退治して、邪気をはらい清める儀式がありました。
それが、日本にも伝わって、庶民の間に広がっていきました。

 

節分といえば、豆まき

鬼が災いをもたらすと考えられていたため、豆をまくことで、鬼を追い払い、厄から家を守ることができる、といわれています。

「鬼は~そと」「福は~うち」と、家の中に福も呼び込みます。

 

節分に食べる豆は、数え年の数だけ食べる

豆まきにもつかう豆。炒り豆を数え年の数だけ食べるとよい、とされています。

食べることによって、鬼を封じ込めて退治するという意味があります。
また、無病息災の願いも込められています。

小さいころは、年の数だけって言われると、大人がうらやましくて仕方ありませんでした。
大人になると、こんなにいっぱい要らな~い!と思うように・・・(笑)

 

節分の飾り物

家の軒先に、ヒイラギとイワシを飾るところもあります。
これは、鬼が苦手とする、ヒイラギのトゲとイワシの匂いによって、鬼が家に入ってくるのを追い払う、というころからきています。

 

節分の食べ物、恵方巻

太巻きをその年の恵方の方角を向いて、無言で丸ごと一本食べきる、という習慣があります。

最近では恵方巻という名で全国に浸透していますね。
近頃の恵方巻は、具の種類が豊富なタイプだけでなく、ケーキの恵方巻など、種類もさまざま。

私自身は幼いころから、母が作ってくれた太巻きを、節分の日に食べていましたが、この「無言」で「丸ごと」食べるというのが、とてもつらかった~。
こどもなので、ついつい話したくなってしまうのです。
一本食べきるのにも、時間がかかるし、黙っていることが苦痛で仕方ありませんでした。
今では、懐かしい思い出です。

 

海外では、日本人である私たちが日本の広告塔です

海外で生活をしていると、自然と現地の人たちとも仲良くなります。
交流を深めるうちに、みんな、日本に大変な関心を寄せてくれます。
また、子どもたちも、学校生活で、日本について伝える機会も多いのです。まるで、広告塔のようです。

日本人である私たちが、日本のことを正しく理解し、伝えることは、
日本に興味をもってくれる外国人を増やすことにつながります。

間違った形で日本という国のことが伝わってしまうのは、とても残念です。
そのためにも、まずは、自分自身が日本をよく知ることだ大切ですね!

タイトルとURLをコピーしました