予約殺到の崎陽軒工場見学ご報告!試食もショップも満喫&IKEA港北も

崎陽軒横浜工場 入口工場見学
スポンサーリンク

2017年8月から、インターネットで予約ができるようになった、横浜・崎陽軒の工場見学。

以前に、ネットでの予約方法のコツをご紹介しました。

相変わらず、人気の高い「崎陽軒」の工場見学。

念願かなって、我が家は工場見学へ行くことができたので、ご紹介。

 

これから行く方も、予約が取れなくてまだ予定がない方も、疑似体験してもらいつつ、工場見学体験への期待をぜひふくらませてください♪

さぁ、いよいよ工場見学の始まりですよ~

 

スポンサーリンク

目指すは、崎陽軒の横浜工場!わが家のスタートは、新横浜駅!

横浜・崎陽軒の工場があるのは、こちら。

わが家は横浜方面からのアクセスだったので、まず電車の最寄り駅の新横浜駅へ到着。

そこから、路線バスに乗り換えです。

ふらふらとあちこちをぼーっとみてたら、声をかけてくださる、年配の女性が。

私たちがバス乗り場に悩んでいる、と思われたようで。優しい人がいる新横浜駅(笑)

 

で、いざ乗るのは、横浜市営バス。新横浜駅北口からでて、バスターミナルへ。

北口をでたら、この階段を上っていきまーす。

新横浜駅北口バスターミナル

JR新横浜 北口駅前バスターミナル5番のりばから発車する300系統「仲町台駅」行き

300系統 仲町台行き

 

「港北インター」というバス停で下車します。

乗車時間は約10分、鶴見川を越えたら、すぐ下車です。

港北インター バス停

バス停横の道路を挟んで反対側に、すでに崎陽軒の工場が見えていますよ。

バス停から見える崎陽軒工場

 

バスを降りたらまずは進行方向に向かって、第三京浜道路の高架下まで歩きます。

第三京浜道路 高架下

「小机大橋北側」という交差点のところに、横断歩道があるので、これを渡れば、

工場に到着!バス停から工場までは、徒歩で3分ほど。近い!

 

参考までに、

バスの時間・本数・料金等につきまして、横浜市交通局のWEBサイトでご確認くださいね。

経路・時刻表・運行状況

 

念願の「横浜崎陽軒 工場見学」スタート

崎陽軒 横浜工場の門を入ると、「工場見学/プチミュージアムショップ」の看板が・・・

崎陽軒横浜工場 入口

この矢印に従っていくと・・・

工場見学の入口へ!

崎陽軒 横浜工場 エントランス

中へ入っていくと、崎陽軒 工場見学の案内係の方が、笑顔でお出迎え。

そして、名前と人数を伝え、工場見学用のホルダーを受け取ります。

崎陽軒工場見学ホルダー

その後、工場見学者専用の上履きスリッパに履き替え。

クロックスのようなタイプのスリッパ、サイズもいくつか用意されていましたよ。

崎陽軒工場 下駄箱

 

その他には、記念写真撮影用のパネルなども用意されています。

崎陽軒工場見学 写真スポット1

ノスタルジックな感じで、なんかいいですねぇ~。

でも、お年頃の子どもたちは・・・残念ながら、このパネルの前で写真を撮らせてくれませんでした。

 

時間になると、案内係の方に誘導されて、エレベーターへ。

いよいよ、工場見学のプログラムのスタートです。

 

崎陽軒のVTRで、崎陽軒を知る❗

創業から100年以上もの歴史のある、崎陽軒。

工場見学では、そんな崎陽軒の歴史や、看板商品であるシウマイの製造工程について、知ることができます。

 

工場見学の内容は、

  • 崎陽軒の歴史のVTR鑑賞(約6分)
  • シウマイの製造工程のVTR(約6分)
  • シウマイ弁当誕生の歴史のVTR(約6分)

に始まり、

 

実際の製造工場内見学エリアより、

  • シウマイを作っているライン
  • シウマイ弁当を作っているライン

を、窓越しに見ることができます。

 

崎陽軒キャラクター「ひょうちゃん」の展示

工場見学の途中には、

崎陽軒の公式キャラクターである「ひょうちゃん」の歴代作品が展示されています。

初代のデザインのものから、限定版デザインなど、貴重な「ひょうちゃん」と会うことができますよ。

ひょうちゃん 展示1

ひょうちゃん 還暦記念

 

シウマイ・シウマイ弁当のひみつ

また、崎陽軒の工場見学では、シウマイやシウマイ弁当のおいしさのひみつについて、

知ることができます。

  • シンプルながらもおいしさを引き出す原材料へのこだわり
  • 食感や味のバリエーションへのこだわり
  • 冷めても美味しい弁当への工夫

ただただ、美味しいなぁ、と食べている崎陽軒のシウマイですが、食べる人の喜びにこだわって、ていねいに作られているんだなぁ、と感じました。

 

新しい注目の見学スポット シウマイ弁当の製造ライン

2017年8月にリニューアルした工場見学から、見学が可能になったシウマイ弁当の製造ライン。

作業用白衣を着た従業員の方々が、手際よく、さまざまなおかずを弁当箱に詰めていっていました。

見学者の視線が上から突き刺さっているだろうに、気にすることもなく、淡々と。

 

その他にも、「すんごいなぁ」と思ったのが、包装の工程の紐かけ

ラインで出来上がった弁当の上に、

蓋、掛け紙をかけ、

1本のひもを手早く十字にかけて、商品を仕上げていました。

その手際の良さが、本当に素晴らしいんです

ぜひ実際に、あなたの目で確かめていただきたい!

 

工場見学の最後は、試食と気になるお土産!

崎陽軒の工夫に脱帽しながら見学をすすめていくと、どうしても今すぐ食べたくなるんですよね、崎陽軒のシウマイ。

そんな私たちに朗報が・・・。製造ラインの見学のあとには、試食ができるんです。

 

この日の試食は、

  • 昔ながらのシウマイ
  • 特製シウマイ
  • 筍煮
  • パインキューブ(お菓子)

でした。

崎陽軒工場見学 試食メニュー

無料のお茶サービスを利用しながら、シウマイを堪能♪

肉の食感や筍煮のしっかりとしみこんだ味が、幸せを運んできます♡

崎陽軒工場見学 試食

 

お土産は?

試食の時には、たくさんある「ひょうちゃん」から好きなデザインをひとつ選ぶことができました。

崎陽軒工場見学 ひょうちゃんお土産

このしょうゆ差しが、お土産として持ち帰ることができました。

記念になるので、じっくりと、自分のお気に入り「ひょうちゃん」を探してね。

 

試食が終われば、工場見学の終了です。

でも、試食ができるホールには、歴代のシウマイ娘さんの当時の衣装の展示だけでなく、

用意されている売り子さんやシウマイ娘さんの衣装を着て、記念撮影もできるようになっています。

崎陽軒工場見学 シウマイ娘衣装

東海道線の客席に座りながら、みんなで記念撮影をしてみてはいかがでしょうか?

崎陽軒工場見学 写真スポット2

 

もっと食べたいあなたに!プチミュージアムショップがオススメ

試食で胃袋が刺激されてしまうと、もっとシウマイを食べたくて仕方ありません。

そんなわが家のためか、実は、工場入口の右手にあった、「プチミュージアムショップ」で、工場できたてのアツアツの商品を食べることができるんです

 

この時、販売されていたのは、

  • 昔ながらのシウマイ3個・・・100円
  • えびシウマイ・かにシウマイ盛り合わせ(各1個)・・・150円
  • シウマイまん3個・・・100円
  • 肉まん・あんまん・・・各150円

でした。

崎陽軒工場ミュージアムショップ メニュー

シウマイはもちろん、肉まんもジューシーで美味しかったぁ。

電車のボックス席が設置されていて、車内で食べている雰囲気そのものでした。

 

食後には、マレーシアの友だちと親戚へのお土産に、シウマイやパインキューブもこちらで購入しちゃいました♪

崎陽軒 シウマイ

 

工場見学の予約がとれない!そんな方もプチミュージアムショップへ!!

こちらのプチミュージアムショップ。

工場見学でない、一般の方でも入ることができるんです。

入場料も無料

 

「ミュージアム」という名がついているように、ボックス席横の窓の部分には、大きなタッチパネルがあり、こちらの画面から、崎陽軒の歴史やヒミツを知ることができるんです。まさに、工場見学のミニバージョンといった感じ。

歴史を復習したり、クイズに答えたり・・・と、美味しいシウマイを食べながら、こちらも楽しむことができますよ。

なかなか工場見学の予約がとれない、という場合は、まずはこちらのミュージアムショップを楽しむのも一つかもしれませんね。

 

プチミュージアムショップ

【営業時間】 9:00~16:00

入場無料

 

おまけ ついでにIKEA港北へも行っちゃいました

午後からスタートした工場見学。プチミュージアムショップも楽しんだのですが、

せっかくここまで来たのだから・・・と、徒歩圏内にあるIKEAへも行ってきちゃいました。

バス停からの移動で通ってきた第三京浜の高架下をくぐって、北へ。左手にある港北インター住宅公園を横目で見ながら、ひたすら北に向かって歩くこと、10~15分。

IKEA港北店に到着。

そこで、展示品をみたりしていたら、、、もうお腹のすいてしまった子どもたち。

IKEAのレストランでの食事も楽しみました。

イケア ミートボール

こちらの写真は、マレーシアのイケアのミートポール。ご参考まで・・・

日もすっかり暮れてしまい、そろそろ帰宅しようとなって利用したのが、市営バスではなくて、IKEAが運行してくれている新横浜駅までのシャトルバス

なんと無料

平日は30分間隔、土日祝は20分間隔で、新横浜駅~IKEA港北間の送迎を提供してくれています。

 

発車時間前には、結構な人数が列を作って、シャトルバスの到着を待っていました。

人数の多さに「乗れるかな?」なんて心配していたのですが、無事に乗ることができ、新横浜駅へ。

バスは約20分ほどで、新横浜駅に到着しました。

崎陽軒&IKEAの二つを楽しむコース、オススメです

崎陽軒の工場見学の時間帯によっては、先にIKEA港北→崎陽軒工場見学っていうのも、ありかも⁉

 

IKEA港北ホームページ

港北 - イケアストア - IKEA

 

IKEA港北ホームページ内のストア情報より、IKEA港北までの

  • 市営バスでのアクセス方法
  • 無料シャトルバスの時刻表
  • 無料シャトルバスの乗車場所(新横浜駅)

等、確認することができます。

 

さいごに

なかなか予約のとれない崎陽軒の工場見学ですが、

崎陽軒の歴史やヒミツを知ったうえで、できたてのシウマイの試食もできる、満足度の高い工場見学です。

ぜひ、ご紹介した予約の方法を参考にして、工場見学、体験してみてくださいね。

崎陽軒の工場見学の裏ワザ 予約はインターネットで3か月前から!【2017.09追記】
昨年の夏、どーしても行くことができなかった工場見学のひとつが、こちら。 神奈川県横浜市にある、崎陽軒の工場見学。 シウマイで有名な崎陽軒の工場見学は、以前からなかなか予...

 

タイトルとURLをコピーしました