海外インターへの留学。「英語を学ぶ」と「英語で学ぶ」の違い

親だから出来る!サポートのためのハウツー
スポンサーリンク

インターナショナルスクールへ通う。そう聞いて、
「英語を学べる。」
と思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

「英語力がゼロでも学校へ入れます。」とうたっているところも、あります。

果たして、本当でしょうか?

 

スポンサーリンク

語学留学とインターへの入学とは違う

最近は、語学留学として、フィリピンなどにも、
日本人を受け入れてくれる語学学校がたくさんあります。
社会人の方などが、短期で留学されることも増えていますよね。

しかし、子どもを留学させる場合、そして、
現地にあるインターナショナルスクールに入学させる場合に、
気をつけなければならないことがあります。

それは、語学留学ではない、という事実です。

 

インターナショナルスクールは、「学校」です

インターナショナルスクールに入るということは、学校に入学するということなのです。

学校に通学する、ということは、全教科を英語で学ぶということなのです。

学校での会話はすべて英語ですから、
「英語環境にどっぷり入れたい。」そう思って、
インターナショナルスクールを選択肢に入れるでしょう。
確かに、英語環境ではあります。
が、その先に、教科を英語で学習する、ということを、忘れずに考えてもらいたいな、と思います。

 

英語がゼロでもサポートがあるじゃない?

インターナショナルスクールでは、母国語が英語でない子どもたちのために、
ESL(イーエスエル, English as a second language)の補習クラスを設けている学校も、中にはあります。
英語力が心配であったり、英語力が足りないと学校側から判断された場合、
ESLクラスは、ある方がいいですよね。

しかし、そのESLクラスもまた、日本語で指導されるわけではないのです。

これまた、英語での指導です。
確かに、本来の授業よりは、簡単な英語で説明してくれます。
英語の基礎力を積み上げる場合もあれば、
本来の授業に参加できるように教科の補習的要素をもったクラスもあります。

でも、本当に英語力ゼロであれば、その補習時間ですら、理解ができない場合もあるのです。

こういった場合は、親が学校と協力して子どものサポートをしていく必要がある、ということです。
「学校に任せれば何とかなるケースばかりではない」
「学校は語学学校ではない」ということを理解していないと、
英語がいつまでたってもできない、などといった不満につながってしまいます。

英語力ゼロでも入れます。というのは、入学の受け入れが可能であって、
その後の英語力の向上の度合いは、個々のやる気などによって、変化するでしょう。

 

日本でもサポートが必要なのと同じです

日本で小学校にあがったときも、子どもが理解していなければ、
先生と相談したりしながらサポートしますよね。
それと同じなのです。

語学がわからなければ、授業が理解できないのは当たり前。
算数の計算はできても、英語が読めなければ文章題は解けないのです。

 

子どもの習得はとても速い

英語力がほとんどなくて留学する場合は、最初はとても苦労するでしょう。
でも、子どもの頭はとても柔軟。
あっという間に友だちを作って、会話をし、勉強も理解していきます。

最初は時間がかかることを分かったうえで、本人にやる気があれば、すぐに順応していくことができます。

 

まとめ

留学をする、ということは、語学を学ぶだけではなく、教科も英語で学習する、ということです。
最初は時間がかかるかもしれませんが、ここで英語嫌いにならないよう、
私たち親は、子どもを見守り、時にはサポートし、学校と協力しあう必要があります。

最初こそ大変ですが、その後の子どもの頑張りをみれば、きっと
「あの時、みんなで頑張ってよかった」と思う日が来ます。

留学ということの意味を、正しく理解していただいた上で、お子さんの未来への良い選択の助けになれるといいな、と思います。

 

グローバルな未来へつながる道づくりのお手伝いができると嬉しいです♪

Reonaでした。それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました