【子どもの習い事】幼児期の音楽教室で、音楽の楽しさを知る

ピアノ海外でも活躍したい。【習い事】の選び方
スポンサーリンク

私は、保育園・幼稚園の頃はヤマハ音楽教室に通っていました。
一方、わが子たちは、全く音楽に関わらずの幼児期を過ごしました。

この幼児期に音楽教室に通わせて、特に楽器を演奏する楽しさを教えてあげればよかった、と後悔しています。

 

スポンサーリンク

私がヤマハ音楽教室に通ってよかったこと

もともとは、母の勧めで通っていたヤマハ教室。

ヤマハに通うことで、

  • 楽器を演奏することの楽しさ
  • 楽譜が読めて、演奏することができる
  • 人前で演奏することの緊張感や充実感

を学んだような気がします。

特に、楽譜が読めることは、小学校に入ってからの音楽の授業でも、大変助けになりました。音楽の授業で、苦労した覚えがあまりありません。何をするにも、楽しい時間でした。

 

子どもたちを音楽教室に参加させなかった理由

子どもが当時興味を示さなかったから

子どもたちの幼稚園のお友だちは、性別関係なくみんな、ヤマハなどの音楽教室に通っていました。
周りがそのような様子ですから、一応気にはなったのですが、なんせ本人たちが興味を示さず、教室に通うことを拒否。

嫌がるものに財布のひもをゆるめることもできず、教室には参加しませんでした。

 

幼稚園のレッスンで満足してしまった

また、子どもたちが通った幼稚園は、鍵盤ハーモニカの指導に熱心でした。
音符も読み、演奏することができるようになったので、
それくらいできていれば十分、と思ってしまった私がいました。

 

衝撃の学校公開の様子

しかし、小学校の学校公開を見に行った時のことです。
平日で参観している人も少なく、みんな普段と変わらない様子。

音楽の授業で、ちゃんと鍵盤ハーモニカを練習している子もいれば、
お友だちとふざけてばかりいる子たちが何人もいるのを見かけました。

子どもに話を聞くと、
「音符もよめないし、鍵盤ハーモニカも指がうまく動かせなくて、楽しくないから、ふざけて遊んでいるみたい。」
ということを聞きました。

たしかに、学校の授業だけでは、そうすぐには上達できないですものね。

わが家は幼稚園の指導のおかげで、楽しんでいましたが、
紙一重だった、と胸をなでおろしたのを今でも覚えています。

 

海外でも音楽活動は盛ん

以前、子どもたちのインターで、タレントショーというのがある、とご紹介しましたが、
その中で、ダンスとともに多いのが、楽器やバンド演奏なのです。

ここマレーシアでも、楽器を習う教室は多く、
小さいうちから、ピアノだけでなく、バイオリン、ドラムなどを習い事にしている家庭が多いのです。

タレントショーでは、一人でキーボード演奏や、友だちとバンドを組んで演奏。
それもなかなかの腕前で、すごいなぁと感動しっぱなしでした。

 

音楽の授業で、個人で発表もある

つい先日、「あぁ、ピアノが弾けたらなぁ~。」というため息交じりのわが子。

どうしたのか聞いたところ、音楽の授業で、個人発表があり、
ダンスまたは、楽器、歌をみんなの前で披露しなければならない、とのこと。

実は、「コウノドリ」のドラマにはまっていたわが子。
あのピアノが弾きたかったのです。が、自分の実力は分かっているので、かなりがっかり。

私も、「あぁ、チャンスを奪ってしまったかな・・・。」ととても後悔した瞬間でした。
少しでも、小さいころにピアノを習っていれば、コウノドリまではいかないまでも、
自信をもって、何かが演奏できたかもしれない。と。

 

まとめ

音楽を聴いて楽しむのもいいですが、演奏できる、って趣味が広がり、
また、何歳になっても楽しめるものです。
世界中どこででも。
言葉がなくても、交流することもできます。

その音楽に慣れるのも、耳の良い若い頃に習う方が、より習得期間も短くなると思います。

日本の小学校でも、海外の学校でも、音楽の授業はずっとあります。
どうせなら、楽しい授業時間になるほうがいいですよね。

わが家は幼稚園に助けられましたが、どこもが熱心とは限りません。
そういう場合に、音楽教室は、とてもありがたい存在です。
少しでも触れておくことは、損にはなりません。

ちなみに、ヤマハ音楽教室は、世界中にあり、もちろん、マレーシアにもあります。
今、指導力の良さで、人気上昇中だそうです。
マレーシアでヤマハを続けることもできるかもしれませんよ(英語も一緒に)

また、日本には、ヤマハ以外にも良い教室はたくさんあります。
春の時期は、無料体験レッスンも多くあります。
お子さんと相性のよさそうな先生を見つけて、
ちょこっと音楽をかじっておくのも、良いのではないでしょうか。

過去に戻れるなら、わが子にも絶対やらせたい、音楽教室。
みなさんの習い事選びの参考になると、うれしいです。

タイトルとURLをコピーしました