オンライン授業で試験。実施方法やカンニング対策は?

オンライン授業で試験。実施方法やカンニング対策は?勉強サポート
スポンサーリンク

オンライン授業をやっているけれど、試験はできるのかな?

遠隔授業でもテストができるなら、どうやってやるんだろう?

学校施設の閉鎖に伴って、授業をオンラインで受けている、わが家の子どもたち。もうかれこれ、約2か月に及びます。

でも、先生にとっては、

  • オンライン授業をやっているだけでは、どれだけ生徒が理解できているのか、把握しにくい
  • 成績が付けられない

という問題も。

そこで、先日、オンラインで試験が実施されました。

 

  • 今、オンライン授業をしているけど、試験はどうなるんだろう?
  • オンラインで試験をするなら、どんな方法があるんだろう?

と気になっているあなたへ。

オンライン授業における試験について、ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

オンライン授業での試験方法

子どもたちの学校では、オンライン授業でのテストとして、4通りの方法を使ってやっていました。

  1. デバイスを活用したオンライン試験
  2. 筆記での試験
  3. 口頭での試験
  4. テストサイトを活用したオンライン試験

といった方法です。

 

それぞれの試験方法についてご紹介します。

 

①2つのデバイスを活用したオンライン試験

オンライン授業で試験。実施方法やカンニング対策は?

一番多くの教科で採用されていたのが、この2つのデバイスを使った方法です。

  • 問題解答用(パソコンやiPad等のタブレット)
  • 試験監視用(タブレットやスマホ)

に使います。

 

わが子の学校の授業は、Google Meetを利用して行われていました。

  1. 2つのデバイスとも、Google Meetにログインし、カメラ等をアクティブにする
  2. 試験監視に使うデバイスのカメラは、問題を解くデバイスの画面を中心に、生徒本人の顔が見えるように配置
  3. 開始の合図とともに試験を受ける

といった流れです。

 

オンライン授業で試験。実施方法やカンニング対策は?

斜め後方から、監視用のデバイスをセット

オンライン授業で試験。実施方法やカンニング対策は?

監視用デバイスのカメラは、もう一つのデバイスと生徒の様子が見えるようにセット

 

このように、オンライン会議ツールと2つのデバイスを使って、一斉に試験を行います。

Google Meetだけでなく、Zoomなどのツールでも同様に試験は可能です。

 

②筆記での試験

筆記で解答する試験の方法は、2つの方法で行いました。

オンラインでの試験なので、いずれの方法でも、デバイスを使います。

また、この方法では、デバイスが1つで済むことがメリットでした。

デバイス+ノート

オンライン授業で試験。実施方法やカンニング対策は?

デバイスは、出題と解答送信用に、ノートは解答するために使います。

 

  1. 問題は、iPad上のGoogle Classroomにて出題される
  2. 解答は、自分のノートに書いて、デバイスのカメラ機能を使って撮影
  3. Google Classroomにて、先生に送信

という流れです。

 

これは、複数人の生徒でも同時にテスト実施が可能。

ある先生は、テスト終了5分前に、「残り5分」といったアナウンスをしてくれていました。

 

また、別の教科では、解答ができあがり次第、先生にマイクを通じて、「できました!」と言って、解答を送信していました。

他の生徒の「できました!」というのも聞こえてくるので、結構焦る、というのが、子どもの感想でした(笑)。

 

デメリットとしては、試験を受けている様子を監視するものがなかった点です。

 

デバイス+プリンター

オンライン授業で試験。実施方法やカンニング対策は?

2つ目の筆記試験には、プリンターを使いました。

この方法では、

  • メールの送受信が可能なこと
  • プリンターを持っていること
  • 解答用紙をPDF化するツール(スキャナーやアプリ)が活用できること

といった条件が揃っている必要がありました。

 

試験の流れは、

  • 試験時間開始数分前に、問題および解答用紙をメールにて受信
  • プリンターでプリントアウト
  • デバイスはGoogle Meetに接続。オンラインで、監視用として、顔や手元がカメラに収まるように設置
  • 先生の開始の合図とともに、試験開始
  • 試験終了の合図とともに、解答用紙をデバイスのカメラを通じて、先生に見せる
  • 解答用紙をスキャンしてPDF化する
  • 速やかに、そのPDFファイルを先生のメールへ送信

といった流れです。

 

今回は、マンツーマンでのテストでしたが、複数人の生徒でも実施可能と思います。

 

試験を受ける側としては、

  • 印刷に手間と時間がかかること
  • PDF化する手間がかかること

が、欠点かなと思いました。

 

わが家は、プリンターにスキャン機能がついていたので、それを活用しましたが、アプリのMicrosoft Office Lensや、CamScannerを活用している生徒もいました。

 

【Microsoft Office Lensアプリ】

Microsoft Office Lens|PDF Scan

Microsoft Office Lens|PDF Scan
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

【CamScannerアプリ】

CamScanner スキャンアプリ、PDF 変換、OCR

CamScanner スキャンアプリ、PDF 変換、OCR
開発元:INTSIG Information Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ

 

③口頭での試験

1度だけあったのが、数学の口頭でのテストです。

  • Google Meetで試験時間に参加
  • 先生が出した問題に対して、解法をマイクを通じて説明
  • 問題を答えるにあたって、メモ等は可能

 

でも、口頭での試験方法では欠点も。

マンツーマンでのテストであり、先生の拘束時間が長くなってしまいました。

学校の授業時間外を使いながらやっていましたが、さすがに、先生の負担も大きいので、この試験方法は一回きりでした。

 

④テストサイトを活用したオンライン試験

本格的な試験というよりは、単元確認のようなミニテストで活用されていたのが、テストサイトを使った試験。

今回、わが子の学校が利用していたのは、『Educake』というイギリスのテストサイト。こちらのサイトには、English、Maths、Science、Geographyの問題が用意されています。

イギリス式のインターナショナルスクールで多くが採用している、GCSE、IGCSEなどの試験にも対応。

また、回答方法は、選択式や記入式など、さまざまなタイプがあります。

さらに、回答後すみやかに正誤がわかる、というシステムになっています。

 

オンラインでのテスト。カンニングはし放題?

オンライン授業で試験。実施方法やカンニング対策は?

オンライン試験で気になるポイントといえば、カンニング対策

教室とは異なり、監視役がいないからです。

 

子どもたちに、実際のところ、カンニングができそうなのかどうなのか、聞いてみました。

 

④テストサイトを活用したオンライン試験は… やばい(笑)

上記で紹介した中では、一番カンニングができそうなのは、④のテストサイトを使った試験。

今回、学校での実施方法が、「〇〇時までにやっておくように」という方法であり、また監視も全くなかったためです。

今時ですから、ネットでも調べることはできますし、先に問題を解いた友だちに質問すれば、友だちが答えを覚えていて教えてくれる場合も(;^_^

 

先生は日常の子どもたちのことはわかっているので、あまりに正解率が高ければ何かしら疑っているでしょうし、結果はあくまで参考程度、だったと思います。

 

また、筆記試験で、デバイスとノートを使う方法も、監視のカメラがなかったので、もしかしたら、カンニングできたかも・・・。

 

  • 授業時間内に時間を設定して実施する
  • デバイスを使って、監視下のもとで実施する

というような改善をすれば、有効な試験方法になるでしょうね。

 

①2つのデバイスを使うオンライン試験は、やりにくい。でも…

デバイスを使って監視しつつのテストは、一番カンニングは難しいです。

ですが、生徒が他にデバイスなどを持っていて、Siriなどの音声検索などを使って、カンニングできるのでは・・・という話もでていました。

今の時代ならではの方法ですよね(-_-;)。

 

この場合は、

  • マイク機能をミュートにしない
  • 生徒の顔をよく見て、口がやたらと動いているようなら声掛けする

などの方法で、カンニング対策をしている学校もありました。

 

オンライン授業で試験実施方法やカンニング対策 まとめ

オンライン授業で試験。実施方法やカンニング対策は?

実際のオンライン授業でやった試験は、

  1. デバイスを活用した試験
  2. 筆記での試験
  3. 口頭での試験
  4. テストサイトを活用した試験

といった方法で行われました。

 

オンラインでの試験実施となると、監督役がすぐそばにいないため、カンニング対策も検討する必要があります

Google MeetやZoomといったオンラインミーティングツールとデバイスを同時活用すれば、監視しながら試験を実施することも可能です。

 

授業形式も多様化するなか、学校の試験や資格試験などもITを活用した方法がどんどん進んでいくかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました