【Z会アステリア】「数学(Mathematics)」を無料体験してみた感想

Z会数学感想勉強サポート
スポンサーリンク

 

Z会Asteriaは、2021年2月より、英語4技能に特化した講座として、生まれ変わります。残念ながら、数学の講座はなくなりますので、ご注意ください。

 

Z会の新しい講座「アステリア(Asteria)」が開講に合わせて、
実施していた無料体験。

10日間ですが、英語と数学を子どもたちにお試しさせてみました。

今回は、わが家が気になっていた数学について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

アステリアで数学を学ぶ

最初に、英語と同様に、学習設定をする必要がありました。

学習設定は、数学のトップページの右下「学習設定」をクリックして、
登録のページに進みます。

数学は、英語と違って、学年や、学習スピードの選択など、ちょっとした質問だけでした。

 

学習設定については、こちらの記事も参考に。

【Z会アステリア】受講5日目。ProgramE(英語)の失敗談と使用の感想
Z会の新サービス、iPadでの英語4技能・数学に特化した学習「アステリア」を、 無料プレ受講で体験中のわが子たち。 10日間限定の受講途中ですが、感想等について、まとめてみ...

 

最初の設定さえ行えば、
あとは、Trainingを順番におこなっていったり、
映像講義をみて、進めていくだけ。

 

映像講義は理解の助けになる⁉

海外にいる子どもたちにとって、
日本の勉強は、進研ゼミを使って、
紙面で学習することが中心だったわが家。

 

通信教育を続ける中で、
子どもたちから、次のような不満がでてきました。

 

授業を受けることなく、紙の中での説明だけでは、
理解ができない部分がたくさんある。
ということでした。

 

通信教育の見直しについては、こちらの記事もどうぞ。

海外留学中の日本の勉強。通信教育の進研ゼミを海外で受講中のわが家
わが子たちは、海外に留学している今でも、通信教育の進研ゼミ「小学講座」「中学講座」を受講しています。海外でも、日本の勉強を継続するためです。 どうして海外での学習に進研ゼ...
海外で受講する日本の通信教育を見直す。比較検討してみた【進研ゼミ・中学講座編】
わが家は、中学生の子どもも、進研ゼミを続けています。 年度が変わるのを機に、中学講座の通信教育の海外受講について、調べなおしてみました。 今回は、進研ゼミ・中学講座を使用し...
海外受講できる中学生向き通信教育おすすめは?比較検討してみた【Z会・中学講座編】
海外受講に対応している中学生向けの通信教育は、進研ゼミ以外に、Z会もあります。 そこで、進研ゼミの中学講座と比較してみました。 Z会の中学講座・海外受講 Z会の中学講...

 

そこで、通信教育を見直すことに。

その中で見つけたZ会のアステリア。

 

映像による日本語での数学の説明は、とても理解がしやすかったそうです。

 

目だけでなく、耳も使うほうが、頭に入りやすいのは、
みんな同じですものね。

 

Training問題を解いてみる

Training問題を解きながら、理解度をチェックしていく、アステリア。

間違うと、何回か同じ問題が出てきたりするなかで、
個人の理解度に合わせて、しっかりと定着させるように、問題提出が工夫されています。

 

ただ、問題を解いた後に、解説を開くと、
数行のとても簡潔な説明のみ。

 

間違った問題では、
その解説だけでは、子どもは疑問が解決することができませんでした。

 

質問もできるアステリア

そんな子どもの疑問を解決する手段として、ちゃんと用意してありました。

 

質問には、「ノート」機能を利用します。

ノートを使って、Z会アステリアに質問を投稿することができるのです。

 

分からなかった問題のページの画面右上にある、「ノート」をクリック。

質問コメントを書き込めば、それでOK。

 

ノートの画面には、

  • 質問者のID番号
  • 質問した問題の問題番号

などが記されているので、
アステリアの解答担当者とも簡単に共有することが、できるようになっています。

 

質問への回答は、3日後にやってきた

Training問題の解説とは異なり、かなりのスペースを使って、丁寧に説明されており、

子どもは、問題を理解することができた、と言っていました。

 

何回か質問したところ、
記載されていた回答の担当者名が異なっていたので、
担任制ではないことは、確認できました。

 

いずれの回答にしても、丁寧な回答がされていて、
質問への対応がこれだけしっかりしているのは、さすがZ会かな、
という印象を持ちました。

 

このような対応であれば、
分からなかったところなど、ガンガンと質問して、
上手に教材を使いこなすほうがいいな、
と感じました。

 

Brush Up問題も提出

無料体験中の終了3日前に、再びアステリアより、メールが届きました。

「無料体験は残り3日なので、ぜひBrush Upの提出は、○○日までに済ませましょう。」といった内容。

 

添削問題であるBrush Up問題も
提出から、3日後に添削して返却されているため、
このようなメールが届いたのです。

 

とても、親切でありがたい。

もちろん、子どもにやるように、促しました。

 

Brush Up問題も質問同様、
間違った問題については、丁寧に解説してあり、
子どもの学習をとても助けてくれるものでした。

 

課題は、子ども自身のやる気と継続

無学年制で、やる気があればどんどんと進めていくことが可能な、アステリアの数学。

内容については、とても魅力的で、子どもたちも楽しんでやっていました。

 

【Asteria】Z会のオンライン学習

ただ、課題は、子ども自身のやる気と継続性。

Trainingも、やる量はそれぞれ、
Brush Upなども、いつまでに出さなければならない、といった制限もない状態。

 

自分でスケジュールを立てて、それを実行、継続することが、大切かな、と思います。

 

まだまだ、わが家は、私の声掛けが必要な状況でした。

 

スケジューリングをたてる

アステリアをやる際には、

  • タイマーやアラームなどの活用
  • 最低限やる量・時間を設定
  • 曜日でのやる科目を決めてしまう

などのルールを最初に作り、
そのスケジュールを定期的に見直しながら、
計画的に学習を進めていくことがよいかな、と思いました。

 

さいごに

無料体験で経験することができた、Z会のアステリア。

 

子どもにとっては、iPadで学習できて、
また、勉強の理解を深めることもできたのでよかったようです。

 

2021年2月に数学の講座がなくなってしまうようで、少し残念です。

タイトルとURLをコピーしました