春休み間近!Z会によるプログラミング&英語の体験イベント

html 海外でも活躍したい。【習い事】の選び方
スポンサーリンク

あと1か月もすれば、春休み。年度の変わり目ということもあり、休み中の宿題なども少ない時期です。

新年度の準備もあり、慌ただしく、気づくとあっという間に過ぎてしまいます。
それはあまりにももったいない!
ぜひ、休みの期間を利用して、様々なことを体験してみるのはどうでしょうか。

今回は、日本にいながらにして、プログラミングと英語を同時に体験できるZ会のイベントについてです。

 

スポンサーリンク

今人気急上昇の習い事「プログラミング」

2020年に小学校でのプログラミング教育の必修化について検討する、という政府の発表があるように、今、注目のプログラミング教育。

小学生からでも参加できる、プログラミング教室も国内であちこちに、急増しています。

低学年では、プログラミング用語が難しいので、もっと直感的にプログラムできるようなソフトを体験していますね。

このプログラミングを通じて、

  • 物事を筋道たてて考える力
  • 問題を解決する力

を学ぶことができる、と期待されています。

身の回りのものの多くに、プログラミングが使われていて、私たちの生活を豊かにしてくれている。
それはわかっていても、いざ、自分たちで子どもにプログラミングを教えるのは、ちょっと難しい。

そんな時に、プログラミング教室の存在は、ありがたいですよね。

 

世界ではプログラミングが教育現場に取り入れられている

スウェーデンでは、マインクラフトという、コンピューターゲームを授業に取り入れて、プログラミングを学んでいます。

このマインクラフト。マレーシアでもやっている子どもたちが多く、もちろん、わが子たちも楽しんでいます。

また、子どもの通うインターナショナルスクールでも、CCAと呼ばれる部活動のようなものに、コンピュータークラブがあり、そこでプログラミングを学んでいます。

 

プログラミングを英語で体験するZ会の春休みイベント

このプログラミングを、アメリカのMake Schoolのトップエンジニアから学ぼうとい企画が、Z会のSpring Seminarという春休みのイベント。

現役で活躍するエンジニアたちとの交流によって、世界のプログラミングの世界を、肌で感じることができそうです。

また、このイベントは、通訳を介さず、英語でコミュニケーションをとる必要があるため、一定の英語力(英検2級程度)があることが、必須となっています。

 

無料体験イベント

そして、この企画開催に先立ち、無料体験イベントも、開かれています。

無料体験イベントは、2017年2月26日(日)と2017年3月5日(日)。

無料体験イベントでは、Spring Seminarへの参加資格の英語力をチェックする試験も受けることができます。自分の英語力を試す、いい機会だと思います。

 

最後に

日本にいたなら、子どもたちが参加したがったであろう、プログラミング講習会。日本にいながらにして、英語で学べる、というのも、とても魅力的です。

海外に行くのはハードルが高い、と思っている人にとっては、こういった国内での面白いイベントは、貴重ですよね。

こういったイベントがひとつのきっかけとなって、子どもたちの物の考え方や見方が広がっていくといいな、と思います。

タイトルとURLをコピーしました