Free Wifiの設定方法&デバイスの充電@チャンギ空港(2017年12月)

チャンギ空港free wifi チャンギ国際空港(シンガポール)
スポンサーリンク

2017年冬、久々に冬の日本へ。

途中、あちこちに寄り道をしたかったので、陸路でマレーシア・ジョホールバルからシンガポール入りしました。

12月のマレーシア➡シンガポールのイミグレーションは、大混雑。数時間コースです(-_-;)

そんな長時間を乗り越えて、ようやくシンガポール・チャンギ空港へ到着すると、そこは、クリスマスモード。

わが家にとっては、数年ぶりのチャンギ空港の利用は、いろいろと変化していることもあり、驚きの連続。

更に便利になっていく、チャンギ空港について、ご紹介です。

チャンギ空港 クリスマスツリー2017

サンリオキャラクターで作られた、チャンギ空港のクリスマスツリー
圧巻です☆

 

スポンサーリンク

Free WiFi @チャンギ国際空港

空港に到着すると、まずは、Free WiFiを探した、わが家。

チャンギ国際空港は、出国手続き前のパブリックエリアにも、Free WiFiがあります。

マレーシアの携帯のSIMしか装備していなくて、すでに機内モードにしている私にとっては、大事なFree WiFi(笑)。

最近のチャンギ空港には、Free WiFiステーション(Free WiFi Kiosk)が設置されていました。

チャンギ空港 wifi設定1

 

Free WiFiの接続方法

こちらのステーションで用意するのは、

①パスポート

②携帯・タブレットなどデバイスのWiFiネットワークの設定画面

③パスワードを控えるためのメモもあると便利

 

あとは、案内画面の指示にそって、手順をすすめていきます。

 

Step1 パスポート用意

自分のパスポートの写真のあるページを開く

 

Step2 パスポートスキャン

ステーションに設置されているスキャナーに、パスポートの写真ページを開いて置く。

 

読み込み中は、こんな画面が出てきますよ。

チャンギ空港 wifi設定2

 

Step3 パスワードをメモする

表示された5桁の数字のパスワードをメモする

※パスワード自体は1時間のみ有効。その場でWiFiの設定するのがいいと思います。

 

Step4 wifiのネットワークを接続

携帯・タブレットなどデバイスのWiFiネットワークに表示されている、

#WIFI@Changi

を選択、接続。

 

Step5 ブラウザでログインページを開く

ChromeやSafariなど自分が使うブラウザで、チャンギ空港WiFi接続のログインページを開く。

 

Step6 ログイン画面の設定

3Hours Free WiFi access” を選択する。

チャンギ空港 wifi設定4

 

Step7 パスワード入力画面を開く

OTP via Info Counter / Kiosk” のタブを選ぶ。

 

Step8 パスワードを入力する

先ほどメモした、5桁の数字のパスワードを入力する。

 

Step9 接続手続き完了

Start Surfing”をクリックすれば、Free WiFi 接続手続き完了。

 

Free WiFiは、3時間接続が可能。

もし、3時間過ぎてしまったら、もう一度、Step1からの作業を繰り返します。

新しく入手したパスワードでログインして、使うことができます。

3時間以上の空港滞在になっても、問題なしです!

 

少し前までは、このようなパスワード発券機などはなく、インフォメーションカウンターを探して、インフォメーション係の方にパスポートを見せて、パスワードを発券していました。

この発券機のおかげで、英語を話せずとも、パスワードを入手できるようになりました(笑)



インフォメーションカウンターでの発券もおススメです

でも、わが家は、インフォメーションカウンターも好きです。

なぜなら・・・

 

美味しいソフトキャンディが置いてあるから♡

クリスマスシーズンだった今回は、キャンディーのパッケージもクリスマス仕様♪

チャンギ空港 キャンディ―

ちょっとした糖分補給にもってこいですよ。

 

なお、発券機によっては、パスワードと設定方法をプリントアウトしてくれるものもありました。参考にしてみてください。

チャンギ空港 wifi設定6

 

 

デバイスの充電@チャンギ国際空港 パブリックエリア

チャンギ国際空港のパブリックエリアには、デバイスを充電できる、Charging Stationが設置されています。

チャンギ空港 充電ステーション

今回、わが家が利用したターミナル1では、Departure Hall の中央にあるインフォメーションカウンターのすぐ横に、Charging Stationがありました。

最近は、機内でも充電できるような航空会社も増えてきましたが、やっぱり充電スポットがあるのは、ありがたいですよね。

USBでのチャージもできるようになっています。

知っておくと、いざという時に、助かるかも。

 

ただし、普通の充電器による充電の場合、ボルト数が対応しているか、確認の上、ご使用くださいね。

 

シンガポールの電源は、

電圧が220-240V

周波数が50Hz

 

プラグの形は、G(BF)型と呼ばれる3つ口ある形が多いです。

Charging Stationも、この形ですね。

電源の形@チャンギ空港

 

日本の電圧は100Vのため、日本の家電をシンガポールで利用するときには、注意が必要で、変圧器が必要な場合があります。

今回は、充電器が、100-240Vまで対応可能な製品であれば、変圧器なしでも充電は可能

あとは、プラグの形を変換すれば、充電可能です。

心配な場合は・・・USBでの充電の方が安心かも⁉

 

まだまだ、ご紹介したいポイントがあり、

長くなりそうなので・・・

次回に続くm(__)m

タイトルとURLをコピーしました