やらなくて後悔!体操教室を幼児の習い事にオススメする理由

跳び箱海外でも活躍したい。【習い事】の選び方
スポンサーリンク

幼いうちにやらせておけばよかったと、後悔している習い事があります。
そのひとつが「体操教室」です。

オリンピックで男子体操の演技をみると、本当にすがすがしく、感動を与えてくれます。

ぜひともオリンピック選手、内村選手のように・・・とまではいいませんが、
体操の良いところを、幼児のうちに取り入れてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

後悔した理由

我が子は体操教室には通いませんでした。
今になって後悔しているのは、習っていたお友だちと比べて、

  • 柔軟性
  • 様々な運動競技への対応力
  • 姿勢の良さ
  • 体力

の違いを実感したからです。

 

しなやかな体

体がとてもかた~い我が子に比べて、
小さいころから、前屈やブリッジをならっている体操教室の子どもたち。
体がしなやかな分、余計な力が入らず、ケガなども少なく感じます。

お風呂上りにでも、柔軟運動をさせるべきだったと、これまた後悔。体が柔軟であることは、高齢になった時にも、健康を維持するために重要です。体がかたいと、ケガをするリスクも高まります。
年老いた時の子どもたちが心配でなりません(汗)

 

いろいろな運動で力を発揮する子どもたち

体操教室で、マット運動をはじめ、鉄棒、跳び箱、平均台などなど、様々な種類の運動に触れています。
そのため、小学校などでいろいろな運動をしても、すぐにコツを習得する傾向にあります。
対応能力がとても高いです。

鉄棒ができない、跳び箱が苦手でも、大人になって困りはしません。生きていけます。
でも、学校生活、特に小学校の体育では、運動ができる子は人気者になる傾向にあります。
みんなの見本になることも多く、体育の授業もいきいきと参加でき、自信にもつながります。

自分に自信が持てると、いろいろなことに意欲を持つことができると思います。運動だけでなく、様々なことに前向きに取り組む力になると考えられます。

 

背筋がピンとした姿勢

私が一番後悔している点です。
体操の姿勢によって、体幹を鍛えられている体操選手は、とても姿勢がきれいです。

背筋がピンと伸びていると、自信に満ちているように、私には見えます。
姿勢がよい人と背中が丸まっている人とでは、異なった印象を受けませんか?

また、腹筋や背筋の力がない子どもは、いすに座る姿勢が悪く、
長時間の授業ですら、座っていることが苦痛になります。座っていることがつらいと、授業での先生の話を集中して聞くことができません。

せっかくの学びの機会がもったいないな、と思います。

 

疲れしらずの体力

走ったり跳んだりと、全身の筋肉を使って、体操を学びます。
そのため、体力や持久力があり、体の免疫力も、自然と高まるようです。体力があると、精力的に多くのことに取り組むことも可能です。

また、病気しらずの体であることも、親にとっては、心配のタネが少なく、育児の負担も軽くなるように感じます。

 

デメリットはないのかしら?

体が動かし方を習得するまでは、ねん挫など、多少のけがはありえます。ねん挫と軽く考えず、適切にケアをしてあげることは、大切だと思います。

 

費用はいくらかかる?

わが家の近所にある体操教室は、週1回1時間程度の教室で、7000円前後という値段でした。
民間のスポーツ教室以外にも、区などの公共機関がやっている教室や幼稚園の放課後スクールなどもあります。
区や市町村で行われるレッスンは、一般的なスポーツ教室より費用が格安な場合が多いため、人気が高い傾向にあります。広報誌などでの募集を、定期的にチェックすることが大事ですね。

 

最後に

最近は公園などでも、めいっっぱい体を動かすことができないところも多いですよね。
しっかり体を動かすと、食欲も出て、また睡眠もしっかりととれます。運動・食欲・睡眠は、子どもたちの体の成長へ、たくさんの影響を及ぼします。

まずは、お近くの体操教室、お子さんと一緒にのぞいてみませんか?無料体験を実施しているところもあります。通っているお子さんたちの生き生きとした表情、素敵ですよ。

 

グローバルな未来へつながる道づくりのお手伝いができると嬉しいです♪

Reonaでした。それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました