英検2級対策:時間配分と解く順番がコツ‼ 合格をつかみ取れ

英検2級 第2回自信につながる【資格検定対策】の話

2016年度第1回より、英語検定(英検)2級の試験内容が変更になりましたね。ライティング問題の導入です。それにともなって、試験時間も10分長くなりました。

 

2016年度第2回を受検したわが子

第1回を受検したかったのですが、さまざまなスケジュールの関係で、第2回を受検しました。

結果は…無事合格。Reading、Listening、Writingいずれも正答率は、8割を越えていました

 

英検2級を受検した感想。これがコツだったのか⁉

子どもに聞いたところ、時間配分への注意問題を解く順番が大事だった、と話していました。

 

時間配分を知れ!

英検 時間配分

2級の試験時間は、

  • 筆記試験(リーディング、ライティング)85分
  • リスニングテスト約25分程度

となっています。

 

筆記試験の目標は、70~75分で解いて見直す

当たり前のことですが、試験開始から85分経過すると、自然にリスニングテストの放送が開始されます。

リスニングテストが終われば、検定も終了ですから、解答用紙(マークシート)が回収されます。
つまり、リスニングテストが始まる前に、見直しまで終わらせたいのです。

 

筆記試験を全問解答後、残りの10~15分でやるべきことは、以下の項目です。

問題の解答の見直し
マークシートの記入が間違えていないか確認
ライティングのスペルミスなどのチェック
リスニングの問題の予習

これらをやる時間を考えると、出来れば10~15分の余裕を残して、筆記試験を終えるのがベストです。

 

ライティングに必要な自分の時間を把握しておく

ほとんどの受検者は、過去問を何度か解いて、問題対策を講じることでしょう。
その時に、ライティングにかかる時間を計測してみましょう。

目安としては、20分程度といったところでしょうか。

ライティングに必要な時間が割り出せれば、リーディングにかけることができる時間もわかりますね。

これで、自分にとっての、ベストな時間配分を割り出しましょう。

 過去問で自分がライティングにかかる時間を割り出すべし! 

 

筆記試験の問題を解く順番

英検 長文読解

わが家の子どもの得意部分は、ライティング。

今回は、素直に前から解答していったそうです。

 

しかし、試験を終えてみると、

長文読解(大問3)➡ 長文穴埋め(大問2)➡ 単語・熟語(大問1)➡ ライティング

の順番でやればよかったかな、と言っていました。

 

理由を聞くと、

長文読解、特に大問3B・3Cの文章量のボリュームがあるので、集中力があるうちにやるべきだった。ということでした。

 

ライティングが最初でなくていいの?

私は、ライティングの配点割合の問題もあるので、一番先にやるべきではないかな、と思いました。
特に普段から80~100語のエッセイを書きなれていないと、文章構成にも時間がかかります。
ある程度かけないと、配点が少なくなり、不合格につながってしまうかも、と思ったのです。

しかし、わが子はライティングに慣れていて、また、自信も持っていたので、最後の短時間でも書き上げるのは、容易だそうです。そのため、筆記の最後でよい、との判断でした。

 

解く順番は、得意不得意で判断

CSEスコアによる採点基準のため、
ある程度、リーディング・ライティング・リスニングのどの分野でも平均的な得点をとることが、合格につながります

 

受検者の性格にもよりますが、

集中しているうちに、苦手をやっつけ、得意分野でさらなる弾みをつけるのもオススメです。

 

ただし、マークシートの記入ミスだけには、くれぐれもご注意を!!!

 

次回は、2級のライティングについて、お話したいと思います。

英検2級直前合格対策!ライティングのコツ① 過去のトピックは何?
英検2級の一次試験において、2016年度からライティング問題が導入されました。 2016年度第2回を受検したわが子。結果、ライティング問題は、満点獲得! 2級の...

 

◇わが家も英検対策に使った「出る順パス単」以外にも、
過去6回分の問題や、予想問題などの学習も可能なデジタル教材(パソコン・タブレットPC対応)で、英検5~準1級に対応【旺文社 英検ネットドリル】(開発・販売元:株式会社 ショウイン)などもオススメです。

※『旺文社 英検ネットドリル』は、㈱ショウインが㈱旺文社からライセンス快諾を受け、 開発・販売しているネット教材です。

 

また、
デジタル教材だけでは、ついついサボってしまう・・・という人や、
小学生だけど、英検にチャレンジしたいお子さんには、

  • 講師がバイリンガルで、日本語によるフォローが可能
  • オンラインでのマンツーマン指導で、レッスンしながら英検対策もできる

といったオンライン英会話を利用するのも、継続的に勉強できる、ひとつの方法です。

無料体験などを実施しているものもたくさんあるので、ぜひ、試してみてはいかが?

 

追記:2017年度第1回の合否結果の発表日程について

英語検定実施後に、解答速報や試験結果が、ウェブサイトでも確認することが可能です。

2017年6月実施の第1回分に関する解答や合否閲覧のサービス開始予定は、
以下の通りになっています。
(※運営側の都合により、開始日時が変更になる場合あり)

 

一次試験の解答速報

6月 5日(月) 13:00以降

一次試験の合否結果・成績表の閲覧

6月 19日(月)

14:00以降(団体)

15:00以降(個人:公開会場)

16:00以降(個人:準会場)

二次試験の合否結果・成績表の閲覧

A日程: 7月 11日(火) 14:00以降(団体) 15:00以降(個人)
B日程: 7月 18日(火) 14:00以降(団体) 15:00以降(個人)

 

成績表が届く前にウェブでチェック!2次対策は先手必勝で‼

2級の1次試験の成績表が手元に郵送されてくるのは、6月26日(月)予定。

 

ウェブでの発表から1週間後になります。

この1週間を2次対策に費やすことができるので、まずは、ウェブでチェックして、早々に2次対策を始めましょう。

 

また、
海外で受験されている方は、発表予定時刻は日本時間であることを、お忘れなく!

 

発表開始直後は、いつも大変回線が混みあっていて、なかなかつながりません。

開始から30分ほどたった頃のアクセスを、オススメします♪

 

グローバルな未来へつながる道づくりのお手伝いができると嬉しいです♪

Reonaでした。それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました