インター受験対策!英語で算数を学習!わが子が使った教材紹介

親だから出来る!サポートのためのハウツー
スポンサーリンク

インターナショナルスクールは、学科を英語で学ぶ場所だということを、
前回ご紹介しました。

そのインターナショナルスクールへの入学を考え、調べていたところ、
候補として考えていたいくつかの学校で、英語と算数の筆記テストと、
インタビューがあるということがわかりました。

もちろん、算数といえども、英語での出題であることは、間違いがありません。

算数を英語でなんて、学んだことはありません。
そこで、事前の対策が必要と思い、探していたところ、こんなものを見つけました。
[no_toc]

スポンサーリンク

IXL

IXLは海外の学習サイトです。

IXL 公式ページ

英語および算数(数学)の問題が学年別にカテゴリーされています。
低学年は図も入っていて、英語がわからなくても、理解できると思います。

 

※IXLのホームページ(https://www.ixl.com/home)より画像をお借りしました。

Year2 math question example

Year2 math question example

親子で一緒にやると、ママやパパも英語の復習になり、また、
こういう風な質問のしかたになるのかぁ、と勉強にもなります。

算数ですから、多くの場合、問題に数字が与えてあります。
日本の算数を学習していれば、英語が多少わからなくても、質問の内容を推測することは難しくないと思います。

 

※IXLのホームページ(https://www.ixl.com/home)より画像をお借りしました。

Year5 math question example

Year5 math question example

 

問題の数もかなりあるので、楽しみながら、英語で算数を学べるのではないでしょうか?

 

有料でアカウントを作成することもできますが、無料でまずは挑戦!

1日にチャレンジできる問題数に限りがありますが、十分に楽しめます。

 

海外子女教育振興財団

海外子女教育振興財団は、
親の海外への勤務にともなって、海外へ行く子どもたちの教育に関することについて、
さまざまな支援活動をしている団体です。

多くのサポート事例を通じて、出版物もあるのですが、この出版物の中に、

「新・ことばのてびき(算数(数学)・理科用語日英対訳集)」

という冊子があります。

この本は、海外の現地校やインターナショナルスクールに通う日本人のお子さん、
特に小・中学生向けに、作られています。

算数・数学で使われる用語、および、理科で使われる用語について、

日本語➡英語

英語➡日本語

で、訳されています。

 

「新・ことばのてびき」を使ってみての感想

全ての単語について・・・というわけにはいきませんが、頻出の単語について調べるときに、役立ちます。

親である私が見ても・・・知らない単語ばかりです。
これで、発音まで書かれていると、もっといいかなって思います。

また、あいうえお順・ABC順になっているので、単元別であれば、学習も容易になるかな・・・と感じました。

でも、日常では使わない単語なので、調べる手間を考えると、大変助けになりました。

 

まとめ

海外の学校を受験する前に、急いで見つけた、これらの教材。
もっと時間があれば・・・と、当時、後悔したことを思い出します。

私たちが学校で習う英語という教科の中には、なかなか算数などの用語が出てくることは少なく、
大人ですら、知らない表現や単語があると思います。

英語はハードルが高くても、算数なら数字というヒントがあって、
ゲーム感覚で楽しんで学んでいるうちに、英語もわかるようになるお子さんもいます。

ちょっとした遊びの延長にも、楽しんでみてください。

 

グローバルな未来へつながる道づくりのお手伝いができると嬉しいです♪

Reonaでした。それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました