【マレーシア留学】自動車はあると便利。でも運転免許はどうするの?

自動車の運転@マレーシア マレーシア生活
スポンサーリンク

マレーシア、特にクアラルンプール近郊は、電車やバスなど、公共交通機関が比較的充実しているエリアです。しかし、日本やシンガポールのように、時間に正確か?というと、ちょっと疑問符がついてしまいます。

週末のおでかけ、買い物など、ちょっと郊外のほうへ行きたいこともあるでしょう。

そうなると、やっぱりあると便利な自動車。

マレーシアで車を運転するには、どうすればいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

マレーシアで自動車を運転するには?方法その①

国際運転免許証

マレーシアで車を運転するための免許として利用できるのは、

『国際運転免許証(国外運転免許証)』

です。

日本での自動車運転の免許証を取得していれば、この『国際運転免許証』を申請して取得することが可能です。

 

国際運転免許証の取得方法

期限の有効な運転免許証があれば、申請が可能な国際運転免許証

 

申請できる場所

申請は、免許証に記載されている住所地にある、運転免許試験場、免許更新センターや指定の警察署で行うことができます。

ただし、各都道府県によって、申請ができる場所が指定されているので、事前の場所の確認は大切です。

 

国際運転免許証の有効期限

日本の運転免許証の有効期限内において、交付の日より1年間有効

ただし、

日本の免許の有効期限が切れると同時に、国際運転免許証も有効期間が切れます

日本の免許が有効期限1年未満の場合は、先に免許の更新をしてから、
国際運転免許証の申請をすることをオススメします。

 

申請に必要な書類

  1. 運転免許証
  2. パスポート等、渡航を証明する書類
  3. 古い国外運転免許証を持っている場合、その国外運転免許証も持参
  4. 写真縦5cm×横4cm1枚
    ※無帽、正面、上三分身、無背景、枠なし、申請前6か月以内に撮影
  5. 申請手数料:各都道府県により異なる

 

証明写真について。
スマホなどのアプリで自分で撮影することができる証明写真は、背景や顔に影がかかっているなどの理由で、試験場で撮り直しを指示されている人をみました。
最近は有能なアプリなどもありますが、どうぞご注意くださいね。

 

申請の流れ

申請用紙記入→受付→手数料納入→免許証交付

といった流れ。

申請用紙の記載内容は、免許証やパスポートを見ながら記載していく内容です。

 

マレーシアで国際運転免許証で運転。注意する点は?

自動車の運転@マレーシア

マレーシアでは、車両は左側通行なので、特に日本と大きな差異がなく、運転しやすいと思います。

 

なお、国際運転免許証と同時に、日本の有効期限内の運転免許証も一緒に携行して運転する必要があります

また、国際運転免許証の有効期限が、発行日より1年間。

この期限を越えた場合は、運転できなくなるので、期限の確認を忘れないようにしましょう。

 

マレーシアで自動車を運転するには?方法その②

運転免許証

マレーシアで自動車を運転するための方法として、

日本の自動車運転免許を現地の免許証に書き換える

という方法があります。

ただし、長期滞在ビザ(1年以上のビザ)を持っている人のみが申請可能です。

 

申請場所

マレーシア交通局(通称 JPJ)で、申請できます。

 

申請に必要な書類

例として、ガーディアンビザの場合、子どもの通学に帯同しているというのが前提なので、次のような書類が必要になります。(2018年現在)

 

  • 日本の運転免許証翻訳証明(在マレーシア大使館で翻訳発行してもらう)
  • 日本の運転免許証原本
  • 日本の運転免許証コピー(表裏)
  • 親のパスポート原本
  • 親のパスポートコピー

1.顔写真・個人インフォメーションのページ

2.ビザのページ

3.直近3回の出入国スタンプが押されているページ

  • 親の証明写真1枚((縦3.3cm×横2.5cm。背景は白)
  • 子供パスポート原本
  • 子供パスポートコピー

1.顔写真・個人インフォメーションのページ

2.ビザのページ

 

有効期限

新規の場合、1年のみ有効。その後、更新していく形になります。

 

 

2018年10月現在、外国の免許証からマレーシアの運転免許証への新規の書き換えが、一切停止されています。

すでにマレーシア免許を保有している方の更新は、問題なく行われているようですが、新規では受け付けていない状況です。

 

マレーシアで自動車を運転するには?方法その③

自動車教習所

マレーシアで自動車を運転するための方法として、その他に、

マレーシアで自動車運転免許を取得する

という方法があります。

 

マレーシアで免許取得 そのメリットは?

  • マレーシアの免許証が取得できる
  • 日本の教習所と比べて、格安&短期間での取得可能(2000RM前後~)
  • 日本の教習より指導がゆるい⁉

 

マレーシアでの免許取得 そのデメリットは?

  • 講師がマレー語であることが多い(ペーパーテストは英語/マレー語から、選択可
  • マレーシアの免許は、日本の免許への切り替え時の『知識確認、技能確認を免除する国等』に含まれていないため、何かしらの確認作業が追加される(と思われます)

 

マレーシアで車の運転 まとめ

マレーシアでの車の運転を考えている場合、現在のところ、

  • 日本で発行してもらう、国際運転免許証での運転
  • マレーシアで免許取得

の2択になります。

 

マレー語・英語での免許講習などに不安が残る場合は、やはり、日本での国際運転免許証を取得しての運転が安心かと思います。

これからマレーシアへの留学を考えていて、車の運転もと考えているけれど、免許を持っていない方は、早めに教習所へGO!

特に、時間を有効に活用したい場合、入学お祝い金が必ずもらえる合宿免許などをうまく利用して、お得に免許取得するのも、ひとつの方法です。

一方で、ペーパードライバーの人も、日本の教習所でペーパードライバー講習などを受けておいた方が、より安心感を得られますよ。

 

なお、国際運転免許証の有効期限は1年ですから、焦って早いうちから、取得しないようにしてくださいね!

まずは、取得にかかる日数を調べましょう(多くの都道府県は即日発行)。

そして、マレーシアへの出発ギリギリに取得することをオススメします。

「1年後の有効期限きれた~!!(;’∀’)」なんてトラブルは、事前に避けておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました