【マレーシア親子留学】銀行口座開設 学生・保護者ビザで可能?不可?

銀行@マレーシア マレーシア生活
スポンサーリンク

マレーシアで母子などの親子留学などで生活するうえで、あると便利な現地の銀行口座。

外国人である私たちでも、銀行の口座を開設できるのでしょうか?

今回は、マレーシアの銀行口座についてのお話です。

 

スポンサーリンク

ころころと変わる、銀行口座開設条件@マレーシア

マレーシアでは、さまざまなルールなどが、急に変更になることが、よくあります。

例えば、ビザ。

更新の時期になって、追加の証明関係書類が必要になった、と焦ることがあります。

また、銀行の口座開設も同様でした。

 

マレーシアでの親子留学生活を始めた当初、住まいの近くにあった銀行へ、口座開設について、聞きにいったことがありました。

しかし、その時の返事は、

「学生ビザに付帯している親のビザでは、新規に口座開設はできない。」

と言われました。

その時期の少し前までは、母子留学の日本人の方も開設できたと聞いていたので、ちょっと残念に思っていました。ルールの変更があったようでした。

 

その後は、ちょっと銀行から遠ざかっていたのですが、最近になって、子どもの年齢も大きくなってきたこともあって、子どもたちの銀行口座を開設できたらいいなぁ、なんて思い始め、再び銀行に尋ねに行くことにしました。

 

実は、この少し前にも、子どもの留学につきそっている親のビザでの口座開設はできない、という情報が飛び交っていたので、

ダメもとで・・・という感じで、銀行へ行きました。

 

2019年1月 銀行口座 開設できたよ!

銀行の通帳

飛び込んだ先は、留学当初に断られた銀行へ(笑)

どうしてか?

 

いざという時に、家に近い方が便利だから。という理由だけです。

 

家から比較的近い場所に、いくつかの銀行があるので、

まずは、一番近かったRHB銀行からチャレンジしました。

 

RHB銀行の口座開設

まずは、さっそく結果から。

 

私の単独名義の口座開設の許可をもらうことができました。

 

とっても、拍子抜け・・・(笑)

数年前に門前払いだったのはなんだったのか⁈

おそらく、ルールが刻一刻と変わっているんでしょうねぇ~。

 

口座開設の流れについて、簡単にご紹介すると、

①新規口座開設のカウンターへ行く

②必要提示書類の提出

③新規口座開設依頼書への記入

④担当者が書類一式を本部HQへ送付。

3営業日以降に開設の可否についての電話連絡がくるとのこと

⑤開設の許可が出たら、預け入れ金をもって、手続にいく

という形でした。

 

RHB銀行必要書類 Reonaの場合

パスポート

  • パスポート(コピーを銀行の担当者がとっていました)
  • 子どものパスポート(念のための提示)
  • 子どもが通っている学校発行の在籍証明書(担当者がコピーをとっていました)

のみの提出でした。

ただし、これは、担当者や支店によると思われます!

 

RHB銀行 口座開設依頼書(Account Opening Application Form)に必要な情報とは?

口座開設のために、Personal Information Formを記入したのですが、

パスポートの身分証明部分のような内容以外に、

 

住所

電話番号(自宅 / 携帯 など)

職業

勤め先がある場合は、名前・電話番号・住所

月収のカテゴリーから当てはまるものを選択

婚姻状況(既婚とか未婚とか?)

母親の名前

メールアドレス

などの記入欄がありました。

 

住所や電話番号、メールアドレスなど、間違えないように、事前にメモを持って行っておくと、慌てずにすみますよ。

 

ついでに、別の銀行にもチャレンジしてみたよ!

必要書類が揃えられていたRHB銀行。

でも少なくとも3営業日は結果が出るまでに時間がかかります。

しかも、ここはマレーシア。3営業日なんていってても、1週間とかかかってしまうかもしれません(笑)

 

そこで、もう一軒、別の銀行へも行ってみました。

 

Hong Leong Bank(ホンリョン銀行)の銀行口座開設

こちらは、ローカルの友だちが利用している、ということで、友人に連れて行ってもらった銀行です。

 

RHB銀行同様、学生ビザ・その帯同ビザで口座を開設したい旨を伝えました。

結果からお伝えすると・・・

 

今回(今のタイミング)では、無理!

でした。

 

というのも、実は、私のビザの残余が残り5か月

というのが、引っかかってしまったためです。

 

担当してくれた、とても親切な行員の方によると、

必要書類は、

  • 子どもが在籍する学校からのレター原本
  • パスポート(ビザの残余が6か月以上のもの)
  • 子どものパスポート
  • 子どもの出生証明書(英訳)

という条件でした。

 

「先月なら出来てたよ~。まずは、ビザ更新してきて!」

と言われました。

 

こちらの銀行は、ジョイントアカウント(共有名義口座)に・・・

結果的に、今回はビザの期間の問題で、口座開設のプロセスに進むことはできませんでした。

でも、いろいろと担当者に話を聞いてみました。

その担当者によると、

 

私の単独名義での口座開設はできない

→ビザ自体が子どもに付帯している種類のビザのため。

こどもとのジョイントアカウントでの口座開設

→こちらの銀行では、子どもが未成年(18歳未満)で、ジョイントアカウントの場合、キャッシュカードは発行されず、カウンターでの対応になる。

 

というようなことを言われました。

 

それって、とっても不便・・・(-_-;)

ま、こちらの銀行は、ビザの更新が終わってから、また考えることにします。

 

マレーシアでの銀行口座開設のコツとは?

今回、2つの銀行へアプローチしてみましたが、この通り、

銀行ごとに必要な書類や条件が異なっています。

 

周辺の母子留学中日本人ママ何人かにも聞いてみましたが、

例えば同じ銀行でも支店によって、言われる書類の種類なども違っていました。

 

ですから、

こっちでだめでも、あっちの銀行や支店で大丈夫な場合もある!

というのが、今回学んだこと。

手間はかかりますが、いくつかの銀行や支店で直接聞いてみることが、何よりも口座開設の近道になります。

 

準備すべき必要書類とは?

証明書

また、銀行ごとで、要求される提出書類も異なります。

しかし、現在、必ず提示を求められているのは、以下のものです。

パスポート

学校からのレター原本

 

学校からのレターについては、

宛名に銀行名が入っているものが必要な場合と、

子どもの在学証明書で十分な場合と、

いろいろです。

 

事前に問い合わせるときに、レターの内容についても、

  • 宛名はどうすべきか
  • どのような項目が必要か

など、確認しておくことをオススメします。

 

それ以外に、

子どものパスポート

本人・子どもの出生証明書(英訳)

現住所を証明するもの

例:賃貸契約書、公共料金の支払い書(電気・水道・インターネットなど)

 

を必要とするところが多くあります。

 

出生証明書などは、ビザの申請時などに取得しているものがあれば、それの原本とコピーを用意し、コピーを提出すれば、良いと思います。

 

戸籍謄本などの英訳の各種証明書を取得する@マレーシア
マレーシアでの海外留学・親子留学に必要なビザ。その申請の際に各証明書の英訳書類が必要です。日本で作成?それともマレーシアでできるの?という不安な方に。マレーシアでの入手方法についてご紹介します。
英訳の各種証明書を取得する ジョホールバル編@マレーシア
マレーシアで証明書類の英語翻訳の書類が必要な場合の入手方法をご紹介。大使館の出張所がない、ジョホール州では、大使館のサービスをうまく利用することがコツですよ。

 

参考までに、私が事前になんとなくこれあればいけそう?と用意していたのは、

本人及び子どものパスポート

本人及び子どもの出生証明書(英文)

戸籍謄本の英訳証明

学校からの在籍証明書(宛名なし)

電気・インターネットの請求書および支払い書 各直近3か月分

といった具合に、

あれこれ思いつくものを用意して、のぞみました。

 

マイナンバーは聞かれる?

今のところ、私はマイナンバーのことは、聞かれていません。

が、マイナンバーのコピーが必要と言われた・・・という噂も耳にしたことがあります。

こちらについては、また、確認が取れたら、追記したいと思います。

 

保護者ビザでの銀行口座開設@マレーシア まとめ

銀行@マレーシア

銀行ごと、支店ごと、担当者ごとで対応が異なるため、

実際の開設までには、2-3回は銀行に行くことになると考えておくとよいでしょう。

 

①事前問い合わせ

まずは、直接問い合わせてみる。

必要な書類について聞き、さらに、口座開設申し込み用紙を事前にもらえるなら、

記入すべき箇所を確認して、事前にもらっておく。

 

②開設の申し込み

必要書類の提出など

 

③口座開設

開設の許可がでれば、預入金などを用意して、最終手続き

 

です。

ビザが取得出来たら、一度、銀行に話を聞きに行ってみてはどうでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました