【マレーシア生活】電気料金の怪?請求金額RM0!?

0円マレーシア事情あれこれ
スポンサーリンク

前回、マレーシアの電気料金について、ご紹介しました。
2年以上のマレーシア生活の中で、この夏、不思議な電気料金の請求書がやってきました。

請求金額RM0.00!!

何が起きたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

請求金額RM0.00の秘密は、不思議なルールのせいだった

RM0の電気料金請求書

請求金額 RM0

請求書の期間

この請求書の使用期間は、今年の夏、7~8月の分の請求書です。

子どもの学校の夏休みで、ほとんど日本に帰って、マレーシアにいなかった時期です。
この期間にマレーシアにいたのは、数日だけでした。

でも、帰国中、ブレーカーを落として、帰ったわけではありません。
冷蔵庫の電源は、入れたままで一時帰国。多少の電気代は、発生しています。

 

なぜ使用しているのに、請求は0?

実際、使用した電気量の金額は、RM10.03と明示されていました。

でも、請求書の下をみていくと、

Kegunaan Bulan Semasa    RM    10.03

6% GST(6%×RM0.00)  RM      0.00

Dibiayai Oleh Kerajaan M’sia   RM   -10.03

Caj Semasa                           RM             0.00

 

オールマレー語です(笑)。Google翻訳さんによると

今月の使用料       RM  10.036%GST(消費税) RM    0.00

国による資金供給   RM -10.03

請求金額     RM      0.00

となっています。

 

この、Dibiayai Oleh Kerajaan M’siaが、請求0の秘密でした。

これは、請求金額がRM20未満の時に、国から補助が出るようになっている、とローカルの友だちに教えてもらいました。

はじめ、この請求書を見た時、
「え?請求書が間違っている!」
と思ってしまった私。

間違いではなく、ちょっとラッキーな請求書でした(笑)。

リタイア後に、マレーシアと日本で交互に生活している方たちだと、何回かはお目にかかる請求書の金額かもしれないですね。

 

では、いつもの電気料金はいくら?

1年目の電気料金

わが家が2年前にマレーシアにやってきたのは、冬の時期。
さむ~い日本からやってきて、とても涼しく感じました。

エアコンをつけるほどの暑さには感じず、窓をあけ、シーリングファンを回せば、快適な室内温度。
殆んどエアコンをつける機会がありませんでした。

そんな1年目の電気料金は、26RM~40RM(約800円~1200円)ほど
日本の電気代から比べると、1/3の金額どころじゃありませんよね。

 

2年目の電気料金

さすがにマレーシアの気候に慣れてきたのか、それとも、単に暑いのか。
蚊が入ってくるのも困るので、夜、窓を閉めて寝ると、ファンだけでは寝苦しい。

で、数時間エアコンを入れるようになってきたところ、
電気料金の請求金額も70RM~80RM(約2000円~3000円)くらいになりました。

それでも、日本の夏のエアコンの使用時期を考えれば、安いんですけどね。

戸建てに住んでいる方は、部屋の広さもありますし、もう少し電気代はかかっていると思いますが、
コンドミニアムの普通の広さだと、100RM前後が相場だと思います。

 

最後に

全部マレー語で、理解しにくいマレーシアの電気料金の請求書ですが、請求が0RMになってしまうような、お得なシステムもあります。

日本では、考えられないシステム。国が違えば、いろいろ面白い経験もするものです。

日本へ一時帰国後の請求書の金額がRM0でも、驚く必要はない。というお話でした。

 

 

【追記】2017.4.2

先日、同じようにマレーシアに留学中、賃貸で住んでいらっしゃる方と、
たまたま、電気代の話になりました。

その時に、「20RM以下だったけど、請求はRM0ではなく、ちゃんと請求されていましたよ。」というお話がでました。

ローカルの友だちに、電気代について聞いてみたところ、

「もしかしたら、オーナーさんがマレーシア人ではなくて、外国人なのかもしれない。それで、制度が適用されないのかもしれない。」と言っていました。

 

たしかに、お友だちの借りているユニットのオーナーは、マレーシア人ではないそうです。

電気会社との契約者であるオーナーが外国人、というのが、
RM0 にならない理由なのかは、確認中ですが、
使用量が少なくても、RM0 にならないケースもあるようです。

タイトルとURLをコピーしました