【通信教育】海外在住小学生におすすめのオンライン・タブレット学習5選

【通信教育】海外在住小学生におすすめのオンライン・タブレット学習5選勉強サポート
スポンサーリンク

小学生向きのタブレット学習教材ってどんなのがいいんだろう?

海外在住。近くに日本人学校も補習校もない。日本の教育も捨てがたいんだけど、いい方法はないかしら?

 

子どものいる海外在住者にとって、「日本の教育をどうするか」は、悩みのひとつですよね。

駐在、単身・親子留学のいずれの場合でも、親など家族の病気、経済的理由、また今回のコロナのような非常事態での緊急帰国という可能性もゼロではないから。

 

もしもの場合に備える方法を考えているあなたにおすすめなのは、通信教育。

特に、海外から活用したいのが「オンライン・タブレット学習教材」です。

 

たくさんの種類があるオンライン・タブレット学習の通信教材。どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。

 

大切なのは、目的にあった教材を選ぶことです。

 

小学生のお子さんの海外でのオンライン学習に悩んでいるあなたへ。

海外在住の小学生におすすめのオンライン・タブレット通信教育について、目的別に合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

【海外在住】小学生向け通信教育 ❘ おすすめオンライン・タブレット学習教材

 

【海外在住】小学生向け通信教育 ❘ おすすめオンライン・タブレット学習教材

海外在住の小学生向け通信教育で、オンライン・タブレット学習教材の中から、厳選の5つをご紹介します。

  • すらら
  • まなびwith
  • スマイルゼミ小学生コース
  • Z会・小学生タブレットコース
  • 進研ゼミ【チャレンジタッチ】小学講座

 

どの通信教材も、オンライン講座やオリジナルのタブレットなどが用意されています。

インターネットの環境が整っていれば、海外受講も可能。

海外にいても、日本の帰国時にも、日々の学習を続けられますよ♪

 

種類も増えてきているオンライン・タブレット学習教材。

海外在住の小学生におすすめの通信教育サービスを、目的別にご紹介します。

 

目的別おすすめオンライン・タブレット通信教育5選

 

目的別おすすめオンライン・タブレット通信教育5選

無学年式で基礎を徹底したいなら『すらら』

海外生活が長く、ローカルの学校に通っている。そんな小学生には、無学年式で学習する『すらら』がおすすめ。

海外と日本では、同じ内容でも学習する学年が違う場合も。

無学年式であれば、先取りで勉強してみたり、理解が足りなかったところを復習することも可能です。

◆『すらら』のおもな特長◆
  • 自宅のパソコン・タブレットを利用
  • 日本の学校の授業を受けていなくても、学習を楽しめる工夫
  • 現役塾講師の「すららコーチ」による学習サポート体制がある
  • 無学年式の教材なので、学年をさかのぼることも、先取りも可能
  • AI活用で、苦手なところを自動的に何度も学習でき、基礎を徹底できる

海外在住小学生におすすめの「すらら」について、こちらでもご紹介しています

【海外からの通信教育】続かない小学生におすすめ 「すらら」徹底解説!

 

国語力重視なら『まなびwith』

海外から日本の学校に戻った時に苦労するのが、漢字や作文といった国語力。

まなびwithは、教科書準拠ではないため、いろいろな日本語の教材に数多く触れることができます。

また、思考力など総合的な力を伸ばす工夫がされています。

高学年になるにつれて、母語での思考力が、英語力の成長にも役立ちます。

 

◆『まなびwith』のおもな特長◆
  • 教材ダウンロードコース
  • 配信される教材を全て自宅で印刷して利用
  • 国語は作文・読解力、算数は図形・文章題を中心に強化
  • 月1回、アプリを使って添削問題を提出→解答・解説を受け取る

 

手で書くことにもこだわりたいなら『スマイルゼミ小学生コース』

オリジナルのタブレットで学習をする『スマイルゼミ小学生コース』。

手書きの感覚にもこだわり、紙に直接書いているかのように、反映される工夫がされています。

日本の学校のテストでは、紙に書くのが基本。

小学生のうちに、書くことへの習慣もつけたい方には、おすすめの教材です。

 

◆『スマイルゼミ小学生コース』のおもな特長◆
  • 専用タブレットを使用
  • 使用教科書にそって作成された教材
  • 5教科(国語・算数・理科・社会・英語)に加え、漢検ドリルや計算ドリルの副教材あり
  • 漢字検定対策も可能

 

帰国子女枠受験を目指すなら『Z会の小学生タブレットコース』

中学進学時に帰国して、中学受験や帰国子女枠受験を目指すかもという小学生には、『Z会・小学生タブレットコース』がおすすめです。

Z会の通信講座では、基礎をかためつつ、応用問題も幅広く演習。

様々なタイプの問題にチャレンジしておけば、中学入学後の学校の授業も安心して受けることができます。

 

◆『Z会小学生タブレットコース』のおもな特長◆
  • iPad使用
  • 担任指導制
  • 算数・理科・社会は教科書対応
  • 国語・理科・英語・総合はZ会オリジナル教材
  • 教材の難易度が選択可能、受験対策コース有り
  • 保護者が子どもを見守れる保護者用アプリあり

Z会小学生タブレットコースの口コミ・評判を見てみる

 

ごほうびシステムが励みになる進研ゼミ【チャレンジタッチ】小学講座

進研ゼミ小学講座のタブレット教材『チャレンジタッチ』は、紙ベースの小学生講座と同様、毎月の赤ペン先生の添削問題を出すことで、ポイントがもらえるシステムです。

ポイントがたまれば、希望のプレゼントを手にすることができます。

ごほうびをひとつの目標として頑張れる小学生は、魅力的な教材ですよね。

日本人学校に通っていて、定期テスト対策などもしっかりやりたい、というお子さんにもおすすめです。

 

◆進研ゼミ【チャレンジタッチ】小学講座のおもな特長◆
  • 専用タブレットを使用
  • 教科書に沿った教材で、定期テスト対策も豊富
  • 英語やプログラミングの基礎も学ぶことができる
  • まなびライブラリーで日本の書籍をオンラインで読める

 

海外在住の小学生にオンライン・タブレットでの通信教育をおすすめするワケ

海外在住の小学生にオンライン・タブレットでの通信教育をおすすめするワケ

海外で日本の教育を受けたいと考える時、その方法はいくつかあります。

  • 日本人学校
  • 日本語補習校
  • 日系学習塾
  • 通信教育

などなど・・・

 

でも、学校や塾などは世界中どこにでもある、というものじゃないんですよね~。

 

海外受講可能な教材であれば、郵便や国際宅急便などを利用することで、日本人学校がないエリアでも、日本の教育に触れることができちゃいます。

 

ただ、今回のコロナ禍…多くの国が海外との行き来を一時停止。

結果、郵便などの国際配達が乱れ、国際宅急便などもひと月以上かかってしまう、というような事態に。

 

紙ベースの教材はいつまでたっても手元に届かず、学習のスケジュールが遅れ気味になってしまいます。

地域によっては、教材の配送自体を停止しているところも。

これでは、子どもにやる気があっても、困ってしまいますよね…

 

その点、オンライン・タブレット学習教材であれば、海外でも、日本にいるのとほぼ変わらず、安定的に受講することができるんです。

 

【海外在住】小学生におすすめのオンライン・タブレット通信教育 まとめ

【海外在住】小学生におすすめのオンライン・タブレット通信教育 まとめ

海外在住者にとって、オンラインで日本の通信教育が受けられると、

日本の教育の良い面も吸収でき、また、急な帰国などにも備えることができます。

 

海外にいる小学生のオンライン・タブレット学習教材として、

がおすすめです。

 

今回ご紹介した通信教育の教材は、公式ページより、無料で資料請求や体験申込ができます。

詳しい資料や体験を通して、お子さんのニーズに合う、教材を見つけてくださいね。

 

通信教育のタブレット学習を始める前に、メリット・デメリットも知っておきたいな、というあなたには、こちらの記事もおすすめです。

【海外在住小学生の通信教育】口コミからみる、タブレット学習のデメリットとは?上手に使うための対策5つ
小学生の通信教育のタブレット学習について、メリット・デメリットの口コミを調べました。そのデメリットを克服するためにできる対策についてもご紹介。タブレット学習を小学生のお子さんに活用しようと考えているあなたに読んで頂きたい記事です。海外在住の子どもの日本の教育に悩んでいるあなたにもおすすめ♪

 

今回ご紹介したおすすめの通信教育サービスの公式ページへは、下のリンクからも、アクセスできます。

タイトルとURLをコピーしました