マレーシアへの親子留学・海外移住前に一度は下見すべし!そのポイントとは?

留学・移住下見のポイントとは マレーシア親子留学【準備編】
スポンサーリンク

海外への親子留学を検討する場合、
個人手配だけでなく、エージェントを利用するなど、さまざまな方法での実現の仕方があります。

いずれの手段においても、オススメしたいのが現地の「下見」。

お金がかかるから下見はカットしてその分節約したい、と思っていると、
留学自体が失敗して、逆に余計な出費がかかってしまうことも。

子どもと一緒の海外留学だからこそ、下見は必須。

そこで、親子海外留学のための下見のポイントについて、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

留学のための下見キーワード2つ

留学・移住下見ポイント2つ

親子留学での下見のキーワードはふたつ。

  • 日常生活体験
  • 学校視察・体験

です。

 

留学下見/日常生活体験では何をするの?

この日常生活体験は、主に保護者の方のための下見。

異国の地で、「生活」していくうえでのさまざまなことを確認し、
留学移住生活の日常を具体的にイメージしたり、体験したりしましょう。

 

【チェックすべき下見ポイント】

1か月の生活費
食材(日本食材含む)・日用品などの購入先のチェック
外食先のチェック
子どもの遊び場チェック
住環境
治安情報
病院・医療情報

 

1か月の生活費を考えてみよう!

留学生活・生活費の計算

日本での生活同様、海外で生活した場合の費用を計算してみましょう。

  • 現地滞在期間中にかかった食費
  • 日用品などの価格チェック
  • 通信費のチェック

などを中心に、計算してみましょう。

それ以外に、学費、光熱費がかかってきます。

 

光熱費も、各家庭で個人差はありますが、
複数の友人に聞いた1か月にかかっている費用の平均では、

  • 電気代 3000-5000円程度
  • 水道代 1000円程度
  • プロパンガス代 300-600円程度

といった感じ。

 

食材・日用品等の購入先チェック

留学移住先・食品のチェック

下見滞在中に、現地スーパーなどに行く際には、日用品などの価格もチェックしておきましょう。

同時に、日本食材の有無や、その値段も確認しておくこともおススメします。

日本食材は、輸入になるので、やはり日本での購入よりは、価格が高くなります。

 

外食先(日本食・ローカル食)のチェック

留学先・外食のチェック

ローカルの食事の味が自分たちに合うか、

また、

日本食レストランはあるか、値段はどのくらいか、

なども確認しておきましょう。

 

子どもの遊び場チェック

留学移住先・遊び場所のリサーチ

留学して、学校生活が始まると、いきなりの英語環境で、ストレスがたまりやすい、こどもたち。

週末など、気分転換をさせてあげることが、長続きのコツのひとつです。

アミューズメントパークだけでなく、
室内の遊び場や運動出来る場所など、
住まいの近くにあると、気軽に行けて、ストレスの少ない生活を送ることができます。

お子さんが低年齢であればあるほど、遊び場のチェックは重要です。

 

住環境

留学・移住 住環境

毎日の生活の拠点ですから、自分たちが快適に過ごせる環境を探しましょう。

下見の段階では、

①子どもが通学する学校の候補を絞る

②通学が可能なエリアを調べて、そのエリアの物件を調べる

という順番が一番オススメです。

 

家探しについては、また別記事でもご紹介したいと思います。

 

治安情報

留学・移住先 治安情報

治安については、住まいと学校周辺など、生活圏の範囲内を中心にチェックしましょう。

大使館や外務省などのサイトだけでなく、
実際に住んでいる人の話が聞けると、より生の情報が入手できると思います。

日常生活のなかでは、強盗や盗難などが多発しているエリアは、要注意です。

 

医療施設のチェック

留学移住生活 医療機関のチェック

住まいの近くに、

  • クリニックの有無
  • 開院時間
  • ドラッグストアや薬局などの有無

もチェックしておくと、いざという時に頼りになります。

子どもは夜中などに急に発熱したり、と体調を崩しやすいので、
事前に確認しておくことは、大人にとっても、安心材料のひとつになります。

 

海外留学生活のイメージを具体的にするために

さまざまなチェックポイントがありますが、それらを確認するうえでオススメしたいのは、

ホテル宿泊ではなく、キッチンなど多少の自炊生活ができる環境での下見です。

 

例えば、AirBnBやBooking.comなどを利用した、アパートメントやホームステイなどといった宿泊方法です。

その宿泊先もまた、
移住の際に住むエリア
住みたいコンドミニアム
などの部屋を借りることができれば、より具体的にイメージしやすくなります。

移住前に、現地の知り合いを作るチャンスでもあります。

 

さらに、
気になる住まいや学校がいくつかあり、また違うエリアにあるという場合、

数日ごとで移動して、それぞれのエリアを試してみる、
ということが気軽に出来るのも、AirBnBなどの良い点です。

 

オーナーとのコミュニケーションで現地情報を入手することも可能な場合もあります

 

このようなものを活用しての下見は、よりリアルな生活をイメージしやすいので、オススメです。

 

マレーシア生活では現地情報誌も貴重な情報源

実際に下見で住んでみても、知り合いがいない環境では、生の情報は入手しにくいですよね。

  • 事前に現地の日本人コミュニティーなどと、コンタクトをとっておく
  • 現地の日本語情報誌などを活用する

などの方法もあります。

 

いくつかご紹介すると、

◇マレーシア政府観光局

マレーシア政府観光局公式サイト
マレーシア政府観光局公式サイトは、出入国情報、アクセス・空港・交通機関など旅の基本情報をはじめ、クアラルンプール、マラッカ、ペナン、コタキナバルなど9エリアの見どころガイドやホテル情報、ビーチや世界遺産、グルメ、ロングステイの情報など役立つ情報が満載です。

 

◇マレーシア掲示板

マレーシア掲示板 | マレーシア生活の情報・無料広告・クラシファイド
マレーシアに在住している人、マレーシアに興味がある人のためのクラシファイド・無料広告の掲示板。中古品の個人売買、ルームシェアなどの賃貸、求人、レッスンの生徒・趣味仲間の募集、ベビーシッター募集。マレーシアの日本人経営の会社・店舗・サービス紹介、育児・子育ての質問、ベビーシッター・家事代行の募集、情報共有の掲示板です。

 

M-town

マレーシアM-town情報誌

マレーシアの週刊誌Mtown|Web Mtown
マレーシアの週刊フリーペーパーMtownのWEB。マレーシアライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またマレーシアに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。

 

◇Senyum(セニョ〜ム)

マレーシア セニョーム情報誌

senyum - セニョ~ム
マレーシアがもっと好きになる ライフスタ&#12452...

 

などがあります。

 

海外留学のための学校視察・体験とは?

こちらは、実際に学校に通うお子さんメインのための下見ですね。

 

学校によって、同じカリキュラムを採用していても、雰囲気だったり、勉強のしかたなど異なります。

もちろん、カリキュラムが違えば、習うことも全然違います。

 

留学先での学校での勉強

 

一番良い方法は、体験入学があること。

  • サマースクールやスプリングスクールなどのホリデープログラム
  • オープンデーなどでの授業体験
  • 短期の体験入学の受け入れ

などがあれば、実際に体験して子ども自身が肌で感じるのが、一番です。

 

また、そのような体験がない学校も、

実際に現地を訪れて、オフィスの担当者と話したり、校内を見学してみることは大切です。

日常の生徒たちの表情や行動を観察するだけでも、いろいろな情報を目で確認することができます。

 

わが子が毎日通う場所です。

選択肢がたくさんあるなら、できるだけ、子どもに合うものを選んであげたい。

遠慮などせず、ガンガン質問をぶつけて、良い学校を見つけましょう。

 

自分でアレンジするのが苦手・・・言葉も心配

実際、下見はしてみたいけど、不安がいっぱい。

知らない土地で、英語などの言葉でのコミュニケーションも心配。

そんな方もいるでしょう。

そんな時には、このようなサービスを利用するのも一つです。

 

例えば、マレーシアの場合

◇長期滞在をご希望の方向け!クアラルンプール内コンドミニアム・アパートメント視察ツアー《日本語ガイド付》

◇【マレーシア移住orロングステイ希望】クアラルンプール現地視察ツアー!<日本語ガイド付き>

といったツアーがあります。

予約から当日まで、
日本語ガイドが対応してくれるので、面倒な手続きや外国語のやり取りが不要。
外国語が苦手な方でも利用しやすいですね。

また、現地のガイドによる案内なので、現地の情報もたくさんもっているのも魅力のひとつです。

 

移住してしまえば、自分でやらなければならないことも多くありますが、

最初から頑張りすぎると、疲れてしまいます。

それもまた、移住や留学の失敗の原因のひとつになりかねません。

無理せず、さまざまなツールを上手に使いながら、少しずつ前に進んでいくことも大事です。

 

留学のための下見をするべき理由。それは「失敗」を避けるため

留学の候補地には、何度も旅行で行っているから、良く知っていて、安心。

そんな方もいるでしょう。

しかし、旅行と移住は、別物

移住は、毎日の生活です。

旅行や観光で、良い面だけを見て、それを信じて移住してしまうと、
「こんなはずではなかった・・・」と、後悔してしまうことがあります。

さまざまな準備をして移住を始めてから後悔してしまうと、それだけでもかなりの出費をしているはず。
それこそ、ムダな出費になってしまいます。

日本の住居を引き上げていたら、それこそ、日本に戻るのだって大変です。

 

実際に下見で移住体験をしてみることで、

「やっていけそう!」なのか、
「やっぱり無理かも・・・」なのか・・・

親子ともども、気持ちが見えてくるはず。

 

そうすれば、自然とその後の自分たちの進むべき道を決めることができます。

移住・留学の下見で見えてくる道

留学実現に向けて動くことも、

候補先を変える検討を始めることも、

さらに別の方法を考えることもできるのです。

 

まずは、実際に生活してみる下見、オススメです。

タイトルとURLをコピーしました