予防接種記録の英語翻訳を作成する方法。海外移住・留学の準備

海外渡航前の予防接種親だから出来る!サポートのためのハウツー
スポンサーリンク

マレーシアに渡航するにあたり、推奨される予防接種については、以前の記事にも、書きました。

長期で海外に滞在するので、医療機関にもかかる可能性があります。
そんな時のために、予防接種の英語翻訳を用意しておこうと思いました。

でも、英語翻訳ってどうするの?自分で?業者?と悩んでいたところ、思わぬところに解決策がありました。

 

スポンサーリンク

インターの入学手続きの書類

マレーシアのインターナショナルスクールの入学手続きの書類を作成していたところ、こんな欄がありました。

学校の入学書類 予防接種の欄

 

これは、子どもたちの入学予定の学校のフォーマットですが、
他のインターナショナルスクールでも、同様の欄はあるようです。

子どもの通う学校では、予防接種記録の提出は求められませんでしたが、
「記録があるよ。」と伝えると、コピーをとらせてほしい、と言われました。

 

子どものインターの予防接種の確認項目

上記の図からわかるとは思いますが・・・

Triple Vaccine/Polio ➡ 三種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風・百日咳)/ポリオ

Hepatitis B ➡ B型肝炎

Hepatitis A ➡ A型肝炎

Measle ➡ 麻疹

Mumps ➡ 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

Rubella ➡ 風疹

B.C.G ➡ B.C.Gはそのままですね

 

マレーシアの子どもの定期予防接種として、上記の中のA型肝炎を除いたものが対象となっています。
ですから、このような表になっていると考えられます。

日本の定期接種では、肝炎ワクチンやおたふくかぜのワクチンは任意ですから、
これらについては、よく医師と相談する必要がありそうですね。

 

予防接種記録の英語翻訳を作成する方法

では、いったいどうやって予防接種記録の英語翻訳を作るのか、です。

 

その1 医療機関などに依頼する

対応をしてくれる医療機関は限られていますが、母子手帳の英語翻訳をしてくれるところがあります。

例えば、株式会社 予防医学推進センター
翻訳にかかる日数は4週間程度、1冊あたり8000円で医師のサイン入りの翻訳を作成してくれます。
予防接種記録だけでなく、母子手帳の翻訳ということで、出生からの記録が翻訳される、という安心感はあるかもしれません。

公益財団法人日本検疫衛生協会 では、母子手帳英訳4500円という価格になっています。

また、トラベルクリニック・海外渡航外来などで、予防接種に対応している医療機関の中にも、英語翻訳に対応してくれるところもあります。

こういった医療機関を探すのも、ひとつの方法です。

 

その2 住んでいる自治体および保健所に問い合わせてみる

実は、私はこの方法を利用しました。
当時住んでいた自治体の保健センターで、予防接種記録の部分だけ、英語翻訳してくれたのです。
その金額もなんと、1通300円。

母子手帳をセンターに持参すれば、1~2週間程度で、翻訳してくれました。

私自身の数十年前の古ーい母子手帳もです(記録が読めれば全て)。

もちろん、医師によるサインもありました。

 

その3 自分で翻訳して医師のサインをもらう

自治体や近くの医療機関で聞いたけど、対応していなかった。という場合もあるかと思います。
そんな場合、多少の英語ならできそう、という方は、
自分で翻訳して書類を作成し、医師にチェックのサインをもらう、という方法もあります。

名前・性別・誕生日、予防接種の項目と接種日などを一覧にした上で、医師のサインをお願いしましょう。

 

その4 民間の英語翻訳業者に依頼する

ネット検索をすると、英語翻訳をしてくれる業者が見つかります。
ネット上だけでのやり取りという業者も多いですね。
金額は、なかなか高額。場合によっては、時間も多少かかるようです。

周辺の医療機関などで対応できず、自分でも無理・・・という場合の最後の手段として、検討するのに、いいかもしれません。

 

最後に

この予防接種の英訳証明が絶対必要だった、という場面に、私はまだ出くわしていませんが、
医療機関にかかるときは、必ず持参し、先生に見せるようにしています。

私自身が英語が堪能ではないので、説明するより、見せる方が確実で早いからです。

今後、進学による学校の転校などといった可能性もゼロではなく、
学校によっては必要となってくるかもしれません。

海外でどうしよう、と悩むより、日本でできる準備をしておくことも、大切かな、と思います。

タイトルとURLをコピーしました