IGCSE数学は〇種類⁉ 失敗しない選び方とは?【カラクリ教えます】

インターナショナルスクール
スポンサーリンク

IGCSEに数学が何種類もあるって本当?

どの数学を選択するのがいいのだろう?

とお悩みのあなたへ。

イギリス義務教育課程修了の認定試験であるIGCSEは、イギリス式カリキュラムのインターナショナルスクールに通う高学年の学生とその家族にとっては、とても気になる試験。

 

わが家の子どもたちも

  • 1人目 → IGCSE 2019年Juneシリーズ受験終了
  • 2人目 → IGCSE 2020年Juneシリーズ受験予定

と、例にもれず、IGCSEと向き合っています。

 

この記事を読むことで

  • IGCSEにある数学科目の種類
  • IGCSEの各数学科目の比較
  • IGCSEの数学教科の選び方

について、知ることができます。

 

  • これからIGCSEの科目を選択する必要があるセカンダリー
  • イギリス式カリキュラムのインターナショナルスクールに関心がある

あなたに読んで頂きたい記事です。

 

スポンサーリンク

IGCSEの数学は〇種類ある⁉

IGCSE数学の種類

IGCSEの数学は、1種類だけなの?

IGCSEの数学では、能力に応じて選べるように、数種類の科目が用意されているんだよ。

 

イギリス式カリキュラムのIGCSE(イギリス義務教育修了試験)の数学には

  • Mathematics
  • International Mathematics
  • Additional Mathematics(アドマスと呼んでいます)

の3種類があります。

 

そしてMathematicsやInternational Mathematicsの中は、さらに、

  • コア(Core)
  • エクステンディッド(Extended)

の2つのカテゴリーに分類されています。

コアとエクステンディッドの違いについては、下記でご紹介しています。

 

数学ひとつをとっても、5種類の科目があるんです。

 

 

より正確には、上記以外にも、

  • 結果の評価方法が異なるもの
  • USAの一部で採用されているもの

などの科目もあります。

この記事では、主にマレーシアのインターのIGCSEの数学教科について説明しているので、割愛しています。

 

【IGCSE数学の種類】IGCSE数学の種類

IGCSE数学の各科目の比較

IGCSE数学の各科目の比較

IGCSE数学の各科目に難易度の差はあるの?

科目ごとに簡単・難しいってあるの?

子どもたちに過去問をざっくりみてもらい、難易度について聞いてみました。

子どもたちの印象として、難易度は以下の感じ。

IGCSE数学の各科目の比較

  • MathematicsとInternational Mathematicsでは、学ぶトピックに大きな差はなく、基礎的内容が中心
  • Additional Mathematicsは別物。トピックも、より難しい内容

という感想。

 

実際の現場の例として、

わが子たちが通うインターナショナルスクールでは、

  • Mathematics
  • Additional Mathematics

の2種類のみ開講。

 

周辺の学校でも、Mathematicsは必ず、Additional Mathematicがあったりなかったり、という学校が多かったです。

 

ですから、一般的には、International Mathematicsよりは、Mathematicsを各校のIGCSEの必修科目として、学習している学校が多いようです。

 

IGCSE数学カリキュラム : コア(Core)とエクステンディッド(Extended)の違いとは?

IGCSE数学カリキュラム : コア(Core)とエクステンディッド(Extended)の違い

コアとエクステンディッドの違いを教えて!

 

CoreとExtendedには、大きく異なる点があります。

  • 学習範囲
  • 試験時間
  • 試験結果の評価方法

という3つのポイントです。

 

CoreとExtendedの学習範囲

教科書は同じものを利用します。ですが、

  • コア(Core)基礎的内容を中心に
  • エクステンディッド (Extended)応用範囲を含め

学習します。

IGCSE数学カリキュラム : コア(Core)とエクステンディッド(Extended)の違い

このような感じで、Extendedで学ぶ部分が示されていたりします。

 

CoreとExtendedの試験時間

CoreとExtendedでは実際の試験時間も異なるんです。

Core、Extendedともに、各2種類の試験ペーパーを受験。

 

Mathematicsを例にしてみると、各ペーパーの試験時間は以下の表の通りです。(2020-2022シラバス参照)

CoreExtended
ペーパーの種類Paper 1Paper 2
試験時間1時間1時間30分
問題数56問70問
CoreExtended
ペーパーの種類Paper 3Paper 4
試験時間2時間2時間30分
問題数104問130問

 

試験結果の評価方法

これまで説明してきたように、CoreとExtendedでは学習内容も試験内容も異なります。

当然、CoreとExtendedでは、試験結果の評価も異なってきます。

 

IGCSEの成績については、【ケンブリッジ式IGCSE】結果の評価方法の記事でより詳しくご紹介しています。

ですから、ここではざっくりとご説明。

 

IGCSEの結果は、基本的には、成績の良い方から順に、A*、A、B、C、D、E、FそしてGまでのグレードに分けられます。

ですが、Coreを選択した教科では、例えば満点を出したとしても、最高評価はCとなります。

【CoreとExtendedの試験結果評価】
Core         C  D  E  F  G
Extended   A* A  B  C  D  E

 

 

IGCSEの成績については、【ケンブリッジ式IGCSE】結果の評価方法の記事でより詳しくご紹介!

 

IGCSEの数学と日本の数学。比較するとどうなる?

わが家は二人ともMathematics、Additionalの2科目の数学を選択しています。

そこで、日本の学校の数学と比べてみてもらいました。

 

  • Mathematics → 中学~高校1年生程度の学習内容程度
  • Additional Mathematic →高校3年間の学習内容程度

 

というイメージが近いようです。

 

IGCSEの受験年齢は、一般的には、日本でいう中3~高1程度に相当します。

ですが、科目によっては、高1以上の内容も学習することになります。

 

 

  • MathematicsとInternational Mathematicsに難易度の差はあまりなし
  • Mathematics・International Mathematicsは
    • コア(基礎)
    • エクステンディッド(応用)

の2種類あり、エクステンディッドの方が難易度は高い

  • コアとエクステンディッドでは、成績の評価も大きく異なる
  • Additional Mathematicsは、さらに高度な数学を学ぶ

IGCSEの数学教科の選び方 どれを選べば失敗なし?

IGCSEの数学教科の選び方

結論から言えば、どの数学でも、次の進路(進学)のために利用することは可能。

 

特に、Mathematics、International Mathematicsに大きな差はなく、学校がどちらのカリキュラムを採用しているか次第、と言えるでしょう。

 

Coreにするのか、Extendedにするのか

これは、学生本人の力次第、とも言えます。

ですが、おすすめはExtended

 

日本の義務教育で学ぶものよりも、やや簡単な内容と思われるからです。

日本の数学教育をもとに、数学の考え方について基礎を積み上げておけば、容易に解ける問題のレベルです。

 

日本の数学でもちょっと心配が残る・・・というような場合は、通信教育などを利用して理解を深めることで、より良い成績を修めるチャンスを手にすることができますよ。

 

 

アドマス(Additional mathematics)はとる?とらない?

アドマスについては、MathematicsのExtendedについていける力が基本的には必要です。

Extendedを踏まえた上での学習項目も多いからです。

 

ただし・・・ここで重要なポイント!

自分が希望する進路先collegeで、アドマスをとっていることが入学条件の必須になっていないか

この確認が必要です。

 

このコースに行きたかったのに、アドマス取ってなかったから、そのコースをあきらめた or その学校をあきらめた

という先輩もいました。

 

このような失敗をしないために、どうしても希望の進路先がある場合は、念入りに事前に調査をしておきましょう。

 

 

  • Mathematics、International Mathematicsのどちらでもよい。
  • でも、CoreとExtendedならExtendedに挑戦するのがおすすめ。
  • 日本人で基本的な数学が理解できているなら、より良いスコアが期待できるから。
  • アドマスは、希望進路先の入学要項次第。

 

 

IGCSE数学  失敗しない選び方とは? まとめ

IGCSEの数学教科の失敗しない選び方

IGCSEの数学は、必修科目となっているため、避けることができません。

ですが、基礎レベル、応用レベルなど、何種類ものカリキュラムが用意されていて、選択できるようになっています。

 

そのなかでもおすすめの選択科目は、

  • MathematicsのExtended
  • Additional Mathematics

の2種類。

 

  • Extendedといっても、日本の数学の学習要項からみれば、基礎的内容に比較的近い
  • 将来の進路について、選択肢をたくさん残しておける

という理由からです。

 

Coreカリキュラムであれば、確実に良い成績をとれるかもしれません。

しかし、どんなに頑張っても、成績は「C」のグレード

本当の実力はもっと上かもしれないのに、Cまでしかとれないなんて、もったいない!

 

進路の希望がはっきりしてきたときに、「勉強していなくて失敗した~!」とならないためにも、少しでも上を目指して、チャレンジしてみては?

 

通信教材などで基礎をしっかりと学ぶ対策をとれば、Mathematics(Extended)も、Additional Mathematicsの試験も攻略可能。

 

おすすめの通信教材は【Asteria】Z会のオンライン学習

無学年制で効率よく学習を進めることができます。

 

\資料請求等、詳しくはこちらから/

タイトルとURLをコピーしました