IGCSEの教科と選び方【後悔しない選択方法のポイント教えます】

IGCSEの教科と選び方【後悔しない選択方法のポイント教えます】インターナショナルスクール
スポンサーリンク

IGCSEではどんな教科を勉強するの?

IGCSEの科目選択。なんでもいい?選択のコツはある?

イギリス系インターナショナルスクールのYear10・11で勉強するIGCSE(International General Certificate of Secondary Education)について、このようなお悩みのあるあなたへ。

 

Reonaのこどもたちは、

  • 1人目が、昨年IGCSE修了
  • 2人目が、今年夏IGCSE受験予定

IGCSEとのお付き合いが3年目(笑)。

 

そこで、この記事では、

  • IGCSEで学べる教科
  • IGCSE教科の選択時期
  • IGCSE教科の失敗しない選び方

についてご紹介。

 

  • イギリス系インターナショナルスクールを検討しているあなた
  • セカンダリーのお子さんとその親御さん
  • イギリス系カリキュラムに関心のあるあなた

にぜひ参考にしていただきたい記事です。

 

スポンサーリンク

IGCSEで学べる教科とは?必須教科と選択教科

IGCSEで学べる教科とは?必須教科と選択教科

IGCSEで学べる教科として、70以上の教科が用意されています。

この中には、

  • 必ず履修しなければならない必修教科
  • 自由に選択できる教科

があります。

 

IGCSEの必須教科とは

IGCSEの必修教科は、英語・数学・理科です。

 

これ以外に、必修ではあるものの、テストのない科目として、体育(PE: Physical Education)があります。

年間のカリキュラムの中に、必ず組み込まれるようになっています。

 

また、子どもたちの学校では、道徳教育のような科目(英語名忘れちゃった(-_-;))も必修でした。

 

 

体育でIGCSEを取得したい!という学生には、試験があるPhysical Educationの科目があります。ただし、どこのインターナショナルスクールにもある、というわけではないので、要リサーチ!!

 

IGCSEの選択教科とは

IGCSEで学べる教科とは?必須教科と選択教科

選択可能な科目はたくさんあります。以下に例をあげてみました。

 

外国語系( Foreign languages)

  • French(フランス語)
  • Dutch(ドイツ語)
  • Chinese(中国語)
  • Malay(マレー語) など

 

人文科学系(Humanities)

  • History(歴史(世界史))
  • Geography(地理)
  • Economics(経済学)など

 

このほかにも、

  • Art(美術)
  • Music(音楽)
  • Drama(演劇)
  • PE: Physical Education(体育)
  • D&T: Design&Technology(デザイン技術)
  • ICT: Information & Communication Technology(情報)
  • Business Studies(経営学)
  • Accounting(会計学)

などがあります。

 

必修科目+選択科目で、最低5科目以上、一般的には合計8~11科目を選択履修します。

※最大の履修教科数は学校によって異なる

 

 

【IGCSEで学べる教科】

必修科目選択科目
英語

数学

サイエンス

その他の基礎教科(体育など)

外国語(フランス語・中国語・スペイン語など)、

歴史、地理、経済

美術、音楽、演劇

ICT、デザインテクノロジー、ビジネス   など

 

 

IGCSE教科の選択時期はYear9後半から

IGCSE教科の選択時期

IGCSEの自分が選択する教科を選ぶ時期は、Year9のTerm2終わり~Term3の間

この期間に、希望をとったり、教科決定をする学校が多いようです。

遅くとも、Year10が始まる前には、希望の提出は終わっています。

 

なぜなら、学校側も教科の希望に応じて、新年度のクラス編成や教員の配置を検討したりするからです。

 

Year9といえば、Term3前後にCheck Pointと呼ばれる試験があります。

Check Pointの試験に気を取られてしまいますが、Year10以降の学習についても、考えておく必要があります。

注意してくださいね。

 

 

※Check Pointとは

イギリス式カリキュラムを採用している学校において、Year6・Year9で実施される試験

英語・数学/算数・理科の3教科に関する、学力診断テストのようなもの。

Primary(小学部)、Secondary(中学部)で学ぶべき内容がどれほど理解できているかを確認するテスト。

 

 

IGCSEの教科選択はYear9から開始。Year9のTerm2~3までには情報を収集すべし!

 

IGCSE教科の失敗しない選び方

IGCSE教科の失敗しない選び方

70科目以上もあるIGCSEの教科。

何をどう選ぶのが正解なの?

私たち親子もYear9の時に悩みました。

 

ここで、重要なことを言います。。。

 

IGCSEは今後の進路に関係します!

ですから、進路について向き合う必要があるんです。

 

でも、教科を選ばなければならないYear9は、14~15歳前後。

自分の進路を決めろって、そもそも無理な話。この年頃だと、やりたいことが常に変化しますよねぇ~。

 

そんな状況でも、後悔しないIGCSE教科の選択方法のポイントは

進路の選択肢を狭めない選び方をする!

 

これが大事です。

 

具体的に…

IGCSE教科選択で失敗しないためのコツは3つ。

  • 文系or理系
  • 関心・興味があるかどうか
  • 将来の進路・職業

 

文系なのか理系なのか

進路にも多少関わりますが、文系が得意なのか理系が得意なのかで、選択する教科もおのずと決まってきます。

 

IGCSEの文系、特に芸術系の教科は、実技試験と筆記試験の組み合わせです。

与えられた課題をこなしつつ、勉強も進めなければならないので、その分野に苦手意識があれば、苦労することになります。

 

さらに

  • 文系だと暗記する量が多め
  • 理系だと計算する量が多め

になるのは、日本と似ていると考えてよいでしょう。

 

ですから、文系傾向なのか理系傾向なのかを、まずはじっくりと分析してみましょう。

 

関心・興味があるかどうか

関心や興味は、学習意欲をかきたてます。

興味のないものを勉強するほど、苦痛なことはないですよね~。

コツコツと試験に向かってやらなければならない勉強だからこそ、「頑張ろう!」と思える教科を選ぶのが大切。

 

IGCSE修了後の進路・職業を考える

IGCSE修了後の進路・職業

教科を決めるときには、将来について考えることは、必ず必要です。

 

14~15歳で自分の進む道が明確に決まっている子どもは、ごく一部。

たとえはっきりと決まっていなくても、気になる仕事や学校はいくつかあるはず。

IGCSE修了後に、行って勉強したい国でもいいんです。

 

そういった先を思い浮かべ、調べることで、必要な教科が浮かび上がってきます。

 

一方で、

IGCSE修了後に行きたい学校・コースまたは、就きたい仕事が決まっているあなた。

決まっているなら、それと関連する科目を迷わず選びましょう。

 

IGCSEでその科目を選択しておくことで、基礎を学ぶことができ、のちのちの学習がスムーズに理解できるからです。

 

絶対やっちゃダメ!なIGCSE教科の選び方

IGCSE教科の選び方

絶対これだけはやめてください。

「この先生が好きだから!」

という教科の取り方。

 

たしかに、先生との相性は、その教科への関心を持たせてくれるきっかけになります。

 

でも、その先生が来年もいるかは、保証されていないんです。なんなら、来学期には辞めちゃうかもしれない。

これ、インターナショナルスクールあるあるです。

 

IGCSEの教科と後悔しない選び方 まとめ

IGCSEの教科と後悔しない選び方

IGCSEは、Year11の最後に受験しますが、教科選択はYear9で始まります。

 

70科目以上の選択肢が用意されている中から、

  • 必須科目:英語、数学、理科
  • 選択科目:歴史やビジネス、外国語など

を組み合わせ、5科目以上履修。8~11教科が一般的です。

実際には、各学校で設けられている科目の中から、カテゴリーごとに選びます。

 

くり返しになりますが、

IGCSEの教科は、進路に関わってきます。

 

ですから、

  • 将来の進路や職業
  • 自分の関心・興味

について、向き合い、考え、選択することが重要です。

 

 

どーしても決まらない。

そんな場合は、なるべく、理系科目を選んでおきましょう。

 

理系から文系への変更は比較的容易だけれど、文系から理系への変更はかなり頑張りが必要。

これは、日本と一緒です。

 

自分の将来の選択肢が広がる教科選択、大事です。

 

今回は、IGCSEの教科とその選択方法について、ご紹介しました。

 

でも、実はIGCSEの教科はもっと奥が深い。

IGCSE数学については、IGCSE数学: 失敗しない選び方

IGCSE理科については、IGCSE理科: 選択科目の選び方のコツ

IGCSEの結果と進路については、【IGCSE】結果の評価方法と進路

の記事にてご紹介しています。合わせて読んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました