「マレーシアの治安は良いの?悪いの?」という質問の答え

バイクでのひったくりマレーシア事情あれこれ
スポンサーリンク

マレーシアに来る前に、準備しておきたい持ち物便利アプリについては、以前ご紹介しましたが、いざ、マレーシアに行った時を考えると、気になることのひとつに、治安についての心配がありませんか?

2年以上になるマレーシア生活を通して、肌で感じた日本の治安の良さとマレーシアの治安について、今回はお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

「治安は良い?悪い?」という友人の質問への私の答え

日本にいる友人たちから、よくこの質問をされます。

そんな質問への私の回答は、

日本ほど安心安全な国はないと私は思うよ。日本はとても恵まれていると思う。マレーシアはその日本に比べてしまえば、安全とは言えない。」

と、答えます。

 

日本の「安心安全は誇り」です

海外に来てみると、本当に日本は、安全な国だと感じます。
小学生の子どもたちが、自分たちだけで、歩いて、学校に毎日登校する風景。

しかし、海外ではありえない風景です。
私が昔に訪れたことがある、アメリカやニュージーランドでも、スクールバスや親の送迎での登下校が当たり前。
ここマレーシアでも同様で、子どもだけで登校する、ということは、ほとんどないと言っていいのではないでしょうか。

ある意味、日本の方が特殊だと、感じています。

 

なぜ、親の送迎やスクールバスでの登下校なの?

学校までの距離、という問題もあるでしょうが、
なにより、子どもたちの身の安全を守るためです。
残念ながら、誘拐などの事件に巻き込まれる可能性が高いからです。

日本でもゼロではない誘拐事件ですが、海外の場合は、より発生率が高いことは、ご存じのとおりです。

 

道を走っているタクシーを使わない理由

便利アプリのところで、タクシーの配車アプリのご紹介をしましたが、もちろん、道路を走っているタクシーを手を挙げてつかまえることだって可能です。

では、どうして、アプリを使うのか?
タクシー運転手による犯罪を可能な限り避けるためです。

流しのタクシーを捕まえる、ということは支払いは現金ということになります。
手持ちのお金を狙われる、ということもありえます。

日本では、運転手の売上金を狙っての強盗がありますが、
海外では、乗客のお金が狙われることもあるのです。

また、インドでも事件になっていましたが、お金以外にも、車という密室で、知らない場所に連れていかれてしまう、ということも可能性がゼロではありません。

その点、ご紹介したアプリは、

  • GPSで行き先が追跡されていること
  • ドライバー・車の身元が判明しやすい
  • 事前登録のカードでの支払いが可能で現金不要

といった安心もあるのです。

 

日本の安全と比べればキリがない。でもその安全は世界スタンダードではない

マレーシアでは、バイクによる強盗・ひったくりや車上荒らしなども、比較的頻繁に起きています。
日本と比べれば、正直、治安は良くないです。事実です。

マレーシアで観光客が多いクアラルンプールやペナン。
旅行客が多く、また、気持ちも緩みがちですが、日本にいるときのような周囲へのアンテナの張り方では、狙われやすくなります。

日本の安全は素晴らしく、日常的に当たり前なので、つい安全に守れていることを忘れてしまいます。
しかし、日本を一歩でたら、海外のほとんどの場所では、その安全がない、ということを、思い出していただきたいと思います。

 

最後に

今回、日本の治安に比べたら、安心することができないマレーシアの治安について、ご紹介しました。
読んで、とても不安に感じられたことでしょう。

でも、この不安な面も知っておくことで、マレーシアに来た時に、安全面についても冷静に判断することができるようになります。

移住や留学などを検討していると、家や学校のことにばかり気をとられ、生活していく場所としての判断の優先順位が、後回しになりがちです。

でも、長く住もうと考えるなら、なおさら、冷静に見なければならない治安という問題。

日本とは違うということをしっかり認識していただけると、いいなと思います。

 

次回は・・・

2年のマレーシア暮らしで、まだなんとか(笑)事件に巻き込まれず、生活できているわが家。
マレーシアの治安だからこそ、気を付けている治安対策について、ご紹介できれば・・・と思っています。

タイトルとURLをコピーしました