配車アプリは Grab(グラブ)一本!登録方法&クーポンコード@マレーシア

タクシーの看板マレーシア事情あれこれ
スポンサーリンク

バスや電車以外に、タクシーの利用者も多いマレーシア。

旅行者にとっては、便利なひとつの交通手段です。

世界80か国以上で利用されている配車タクシーサービスのUber(ウーバー)も数年前に東南アジアに参入。マレーシアの配車アプリサービス事情も変化していました。

が、つい先日、そのUber(ウーバー)が東南アジア事業からの撤退を発表。

 

今後は、配車アプリは、Grab(グラブ)を利用することになります。

これからマレーシアを訪れる方は、Uber(ウーバー)ではなく、Grab(グラブ)が必須アプリですよ!

 

スポンサーリンク

Uber(ウーバー) がGrab(グラブ)に譲渡。いったい何が変わる?

2018年3月26日に発表になった、Uber(ウーバー)の東南アジア部門のGrab(グラブ)への譲渡。

Uber(ウーバー)をメインに使っていた私にとっては、

「いったい何がどうなるの???」と疑問と心配が・・・

すると、事業譲渡発表後すぐに、Uber(ウーバー)とGrab(グラブ)から、メールが届きました。

そのメールによると・・・

 

東南アジアでのUber(ウーバー)事業最終日は2018年4月8日

4月8日をもって、東南アジアエリアでのUberサービスをGrabに完全移行

Uberそのものは、世界の他のサービス提供エリアでは使用可

Grab(グラブ)アプリのインストールを推奨する

 

という内容でした。

 

配車アプリ Grab(グラブ)って?

2012年にマレーシアでの「My Teksi」というタクシー配車サービスが、始まり。

Uber(ウーバー)の市場参入などにより、My TeksiがGrabへと成長。

ソフトバンクからも出資を受けている会社です。

マレーシアでは、Uber(ウーバー)よりも長く利用されているアプリですね。

 

配車アプリGrab(グラブ)を登録!

ここで、Grab(グラブ)アプリの登録手順を再確認してみましょう。

 

登録前に確認、用意しておくといいもの

登録に必要な情報として、以下のものが最低限必要です。

  • 名前
  • Eメールアドレス
  • 携帯番号

または、

  • FacebookやGoogleのアカウント

 

どうしてGrab(グラブ)の登録に携帯番号が必要なの?

登録の最後に、アクティベーションコードの入力があるためです。

アクティベーションコードは、携帯のSMS(ショートメッセージ)で受信します。

SMSを受け取れる環境と携帯を用意して、アプリを登録しましょう♪

 

アプリのインストール

Grabのアプリを携帯にインストールします。

Grab - Ride Hailing App

Grab – Ride Hailing App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

 

アカウント作成

アプリをインストールした後、アプリを起動すると、アカウント作成画面が出てきます。

アカウント作成には、

  • Facebookアカウントを使用する
  • Googleアカウントを使用する
  • 携帯番号を使用する

の3つの方法から選ぶことができます。

Grab 登録1

出典元:Grabマレーシア公式サイト(https://www.grab.com/my/)

 

携帯番号でアカウントを作成する場合

  • 名前
  • Eメールアドレス
  • 携帯番号

が、ここで必要になります。

 

①国番号を選択

例えば、

  • 日本なら+81
  • マレーシアなら+60

②携帯番号を入力

ただし、携帯番号の最初の”0”を省いて入力。

(例)090-1111-0000の場合、”0”を省いた、90-1111-0000を入力

Grab 登録2

出典元:Grabマレーシア公式サイト(https://www.grab.com/my/)

③のアクティベーションコードをSMSで受け取る

④受け取ったコードを入力

 

これで、Grab(グラブ)のアプリ登録完了です。

 

支払い方法の登録

Grab(グラブ)の乗車運賃の支払いは、

  • 現金
  • 事前登録したクレジットカードまたはデビットカードからの引き落とし

の2種類の方法があります。

 

クレジットカードの登録

Grab(グラブ)のアプリ内の『GrabPay』から登録。

アプリを立ち上げて、トップ画面のメニューバーをクリック。

Grabアプリのメニュー画面

出典元:Grabマレーシア公式サイト(https://www.grab.com/my/)

 

GrabPayをクリックすると、以下のページが出てきます。

grabアプリからのGrabpay 登録

『Add Payment Methods』をクリックして、登録画面へ。

カード情報を入力し、Save(保存)すれば、完了です。

 

Grab(グラブ)のwebサイトから登録

アプリから登録ができない場合、

Grab(グラブ)のwebサイトからログインして登録します。

 

Grab Malaysiaのサイトはこちらから。

https://www.grab.com/my/

 

①画面右上の『Login』をクリック

Grab webサイトログイン

出典元:Grabマレーシア公式サイト(https://www.grab.com/my/)

 

②アカウント登録で使用した携帯番号を入力

  • 国番号の選択

ただし、ドロップダウンリストの中に日本(+81)の選択肢はないので、一番下の空欄に自分で”81”を入力

出典元:Grabマレーシア公式サイト(https://www.grab.com/my/)

  • 携帯番号の入力

携帯番号の最初の”0”を省いた番号を入力

Grab web ログイン画面2

出典元:Grabマレーシア公式サイト(https://www.grab.com/my/)

 

③6ケタのログインPINを入力

インストールしているGrabアプリのNotifications(通知)に6ケタの数字が届くので、これを入力。

Grab web ログイン3

出典元:Grabマレーシア公式サイト(https://www.grab.com/my/)

※6ケタのPINナンバーは、3分のみ有効。3分経ってしまった場合は、もう一度携帯番号を入力し直して、PINを受信してくださいね。

 

PINが入力できたら、webの自分のアカウントページにログイン完了。

 

④Grab Payよりカード登録

grab web メニュー画面

ログインすると、履歴のページが開きます。
※ 画像の出典元:Grabマレーシア公式サイト(https://www.grab.com/my/)

メニューから『Grab Pay』を選び、カード情報を入力します。

 

カード登録に必要なこと

使用できるカード:VISA/Master Card/AMERICAN EXPRESS

  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • CVV番号(カード裏面に書かれているセキュリティーコード)

を入力します。

 

どっちがいい?現金払いとカード払い

現在のGrab(グラブ)では、
現金か、事前登録したクレジットカード・デビットカードでの支払いが可能ですが、
どちらにもメリット・デメリットがあると感じています。

 

現金支払いの場合

メリット

支払いがその場で完結する明確さ。

また、
ドライバーの中には、即現金がほしい、という人もいるようで、
カード支払いよりも現金支払いの方が、ドライバーがつかまりやすい場合もありました。

 

デメリット

少額の紙幣、小銭などの用意が必要になってきます。

運転手がお釣りを十分に持っていない、というケースがあるんです。

 

たとえば、自分が持っていたのが、10リンギット紙幣と5リンギット紙幣を持っていたとします。

実際にかかった運賃は13.50リンギット。
普通であれば、もちろんお釣りを渡してくれます。

が、運転手がお釣りを持ち合わせていなければ、15リンギットを払うしかなくなってしまいますよね(-_-;)

 

ですから、現金払いの場合は、財布の中身に気を付けておく方がよいでしょう。

まれに、逆のケースで、
とてもいい運転手さんで、小銭の端数をおまけしてくれる、なんていうこともあるんですけどね(笑)

 

カード払いの場合

メリット

現金の用意の必要がないので、支払い用に小銭などを全く気にする必要がない。

現金がほとんどない時でも、とりあえず、目的地へ移動できる(笑)

 

デメリット

現金がどーしてもすぐに欲しいドライバーに、現金払いかどうか確認されて、カード払いだといったら、
乗車拒否されてしまったことがありました(-_-;)

その後、他のGrabがつかまらず、苦労した経験があります。
ほんとにレアケースだとは思いますが・・・。

 

 

Uber(ウーバー)事業譲渡のおかげ 今だけ使えるプロモーション⁉

Uber(ウーバー)のGrab(グラブ)への事業譲渡にともない、これまでのUber(ウーバー)ユーザーへ、Grab(グラブ)アプリインストールを薦めています。

それを促進するために、特別なプロモーションコードがありました。

Promo code: GRAB4W

初回の利用時に割引が適用されるようです。

Grabのプロモーションコード GRAB4W

出典元:Grabマレーシア(https://www.grab.com/my/)公式アプリより画像をお借りしました。

ちょうど知人がこのコードを『promo』のところに入力して利用したところ、

10リンギット分の割引がありました。

Grab プロモGRAB4W

出典元:Grabマレーシア(https://www.grab.com/my/)公式アプリより画像をお借りしました。

 

他にもあります。初回限定の割引(有効期限あり)

初回限定のプロモーションコード、ご紹介しておきます。

もし、『GRAB4W』が使えない時は、お試しください。

 

Promo Code: LETSGRAB

 

お得な内容

初回・2回目の利用の際、最大8RMの割引(ただし、マレーシア国内に限る)

  • 新Grab(グラブ)利用者のみ対象
  • 現金または、GrabPay(クレジットカード/デビットカード)支払い
  • 最初の連続した乗車が対象

有効期限:2018年2月1日~2018年6月30日まで

 

他にプロモーションはないの?

私からの友人紹介コードというものもあります。

アプリ登録後の最初の乗車が、無料になるようです。

紹介コードは、

GRABMYGLOBAL192

です。

 

Grab(グラブ)利用方法については、こちらから!

Grab Carの使い方

 

Uber(ウーバー)の過去の利用履歴は、どうなる?

4月8日にGrab(グラブ)に移行されてしまうUber(ウーバー)。

結果としては、移管後も、過去履歴などは、アプリを通して確認ができるようです。

 

Uber(ウーバー)メインに使っていた私にとって、便利だった「過去履歴」。

料金やかかった時間など、過去のデータを参考にするためです。

4月8日以降、もう全く見れなくなるのかな。と心配しましたが、アカウント自体を削除しなければ、アプリから確認可能!

Uber(ウーバー)が完全になくなってしまうわけではないので、アカウントは、しばらくそのままにしておこうかな、と思っています。

 

さいごに

Uber(ウーバー)が撤退してしまうことによって、
Grab(グラブ)のみの市場になってしまう、マレーシアの配車アプリサービス。
競争相手がいないことで、サービスの質が落ちないか、心配です。

ただ、日本とは違って、流しのタクシーを捕まえることは、旅行者や現地の言葉が十分でない外国人にとっては、とても危険。

料金のぼったくりにあったり・・・ということがなきにしもあらず。

 

配車アプリサービスは、GPSで場所を追跡できるうえ、ドライバーの名前やカーナンバー、そして、料金も明確なので、やはり利用しない手はありません。

マレーシアを始め、東南アジアへ来る際には、ぜひ、Grab(グラブ)を登録しておきましょう。

 



追記

質問があったので、その回答をこちらに記しておきます。

「日本のクレジットカードは使えませんか?」

私は、日本で発行されたクレジットカードを利用登録しています。

ちなみに、携帯番号は、マレーシアの携帯番号です。

ご参考まで。

 

Grab利用時は、こちらの記事のアプリも参考にしてみてください。

便利アプリ@マレーシア

タイトルとURLをコピーしました